現在の位置

展示案内

自然遊学館は、貝塚市の自然を紹介する小さな博物館です。貝塚市の海や川、里山などにすむ生きものの生体展示がやや多いことが特徴かもしれません。といっても、珍しい生きものではなく、身近な生きものが中心です。

狭い館内に、標本、写真、生体がごちゃごちゃと詰まっています。今日のミッション(ガチャガチャカプセルの中に指令が入っています)や塗り絵のコーナーもありますが、ざっと見ていくと20分足らずで見終わります。

その他、一部の方ですが、ホルマリンやナフタリンなどが混じった匂いに耐えられないという方もいます。ご注意ください。

 
  • 展示ガイド
    自然遊学館の展示ガイドです。2ヶ月ごとに更新しています。
  • 五藤武史写真展「二十四節気」
    昨年と同じくテーマは二十四節気。春分、清明、穀雨、立夏、・・・、大寒、立春、雨水、啓蟄と繋がっていく各節気の言葉が表す様子を、五藤武史氏が撮影した新たな写真で紹介します。
  • 新登場
    新たに展示したニューフェースを紹介します。
  • 常設展示の概観
    館内の常設展示の概観を紹介します。
  • 飼育展示
    主に貝塚市にすむ身近な生きものを飼育展示しています。生きものの動きや表情をご覧ください。
  • 標本展示
    貝塚市の生きものや化石、鉱物などの標本を展示しています。
  • 貝塚の昆虫
    貝塚市に生息する昆虫の標本展示を紹介します。
  • 過去の特別展
    これまでに開催した特別展の一覧です。一部の特別展の報告をpdfファイルで掲載しています。

ページの先頭へもどる