公共汚水ます

更新日:2019年05月15日

公共汚水ますとは

公共汚水ますは、公共下水道管と宅地内の排水設備とを接続するためにその間に設けられたものであり、各ご家庭等の便所、浴室等から排除される汚水を1か所に集め、道路に埋設した公共下水道管に流すとともに、排水管の清掃、点検が容易にできることを目的としたものです。

公共汚水ます設置イメージ図

公共汚水ます設置

(1)原則1戸につき1個、官民境界から2メートル以内の宅地内に設置します。


(2)宅地内の排水経路等をよくお考えの上、設置場所をお決めください。なお、希望される設置場所は、地下埋設物の状態等により若干のズレが生じることがあります。


(3)公共汚水ます設置希望場所に植木等(プロパンガス、物置、自動販売機等)がある場合、移動は申請者でお願いします。


(4)タイル張り、石張り等の場所はできる限り避けてください。どうしてもその場所に設置する場合は、ます周りの土間復旧はモルタル仕上げとなります。


(5)一度設置すると移動や廃止にともなう費用は、自己負担となります。


(6)維持管理は本市が行いますので、ますの上に工作物や物を設置しないでください。

公共汚水ますの深さ

一般的な宅地での公共汚水ますの深さは、80センチメートルです。敷地面積が大きい宅地や低地の場合、さらに深くなることがあります。

公共汚水ますの施工

公共汚水ますの施工は、申請者お立会いのもと、設置場所を確認した上で施工します。

公共汚水ます設置申請書記入上の注意

設置場所(申請者)、土地所有者、家屋所有者が重複する場合も必ず署名押印してください。


(注意)ご記入いただいた申請書の個人情報につきましては、本市下水道事業にのみ活用し、それ以外の目的では使用いたしません。

よくある質問