貝塚市の下水道

更新日:2017年03月30日

分流式

本市では、分流式下水道を整備しています。分流式下水道とは、家庭等から排除される汚水と降雨による雨水を分けて処理する方式です。汚水は、排水設備から道路に埋設した管渠を経て下水処理場で処理され、雨水は、水路や道路側溝等を経て直接川や海へ放流されます。分流式では、汚水と雨水が混ざることがないため安定した浄化処理ができ、河川の水質を保全することができます。

下水処理場

本市の汚水は、次の下水処理場で処理されます。
施設の見学等につきましては、直接お問い合わせください。

【南大阪湾岸流域下水道中部水みらいセンター】
所在地:貝塚市二色南町6-1
電話:072-437-4848

【南大阪湾岸流域下水道北部水みらいセンター】
所在地:泉北郡忠岡町新浜3丁目
電話:072-423-2255

下水道の役割

<生活環境の向上>
生活排水が道路側溝や水路に流れ込まないため、悪臭やハエ、蚊が減少し、まちの美化が図られます。

<水質保全>
汚水は、下水処理場できれいな水に処理してから海や川にもどすため、汚濁の防止が図られます。

<水洗化>
便所を水洗にすることができ、衛生的で快適な生活につながります。

下水道が整備された土地では、排水設備を下水道に接続しないと効果を発揮できません。速やかな接続にご協力をお願いいたします。