児童手当・特例給付別居監護申立書

更新日:2019年10月07日

申請書の名称

制度の概要

児童手当・特例給付の受給者が単身赴任等の理由により、児童と別居している時、提出していただく必要があります。

対象者の条件

単身赴任等の理由により、児童と別居している児童手当・特例給付を受給しているかた

記入上の注意

別居監護申立書(記入例)(PDF:104KB)

※黒ボールペン又は黒インクで記入してください。

申請に必要なもの

『別居している児童の個人番号確認書類』(個人番号カード、通知カードなど)

『身元確認のための書類』(個人番号カード、運転免許証、旅券など)

※マインナンバー制度に基づく情報連携により、個人番号(マイナンバー)を届出書へ記載することにより児童の住民票または住民記載事項証明書が省略可能になりました。情報連携で正常な情報が得られない場合には、後日書類の提出をお願いすることがあります。

 

提出者

児童手当・特例給付の受給者

代理提出の可否

可能

※代理人が提出する場合は委任状が必要となります。

郵送の可否

可能

 

手数料

なし

お渡しするもの

なし

その他

詳細については参照ページをご覧下さい。

この記事に関するお問い合わせ先

健康子ども部 子ども福祉課

電話:072-433-7021
ファックス:072-433-7051
〒597-0072
大阪府貝塚市畠中1丁目18番8号 保健・福祉合同庁舎1階

メールフォームによるお問い合わせ