貝塚市PTA協議会「こども110番の家」運動の推進

子どもを取り巻く地域環境の悪化から、
子どもたちが登下校時にトラブルに巻き込まれることなく、
また安心して地域で遊ぶ環境を確保していくことを目的に、
PTAが一致協力して子どもを守る支援システムをつくろうと、
貝塚市PTA協議会は「こども110番の家」運動を推進しています。

大阪府下において、「青少年育成大阪府民会議」の提案で始められ、
貝塚市においても、平成10年より取り組んできました。

取り組みの具体的な方法について

小学校の単位PTAで取り組みます。

「こども110番の家」として登録いただいた家庭の玄関先には、
在宅時に旗(左写真)を掲げていただきます。

子どもたちがトラブルに巻き込まれたときや、
巻き込まれそうになったときにすぐに駆け込めるようにしておく、
そして、子どもたちが駆け込んで来たときに、
警察へ通報する等の対応をしていただく制度です。

 

ご協力いただけるご家庭は、PTA(お近くの小学校)までお申し込みください。

また、「協力できなくなった」「旗が古くなって交換が必要」などの場合は、学校までお知らせください。

各PTAより協力家庭名簿を貝塚市PTA協議会事務局(貝塚市教育委員会社会教育課)に提出してください。

名簿提出後、学校を通じて旗と安全カード(左図)をお渡しします。

この記事に関するお問い合わせ先

教育部 社会教育課 社会教育担当

電話:072-433-7125
ファックス:072-433-7053
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 教育庁舎1階

メールフォームによるお問い合わせ