訪問介護(生活援助中心型サービス)を一定回数以上利用する場合のケアプランの届出について(居宅介護支援事業所対象)

更新日:2019年02月21日

【概要】

「指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準」(平成11年厚生省令第38号)の一部改正に伴い、平成30年10月1日以降、介護支援専門員は訪問介護の生活援助中心型サービス提供回数が国の定める回数(注1)を超える場合には、当該利用者に係るケアプランを保険者である市に提出することが義務づけられました。

 

(注1)1月あたりの回数について

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

27回

34回

43回

38回

31回

 

 

【提出物】

1. 届出書

2.アセスメント表

3.ケアプラン(第1表~第7表)

※第5表「居宅介護支援経過」については生活援助中心型サービスを位置づけた理由を記載したページ

 

【提出期限】

ケアプランを作成・変更した月の翌月末まで

※平成30年10月以降に作成・変更したケアプランが対象

 

【提出先】

貝塚市 福祉部 高齢介護課(給付担当)

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部 高齢介護課 給付担当

電話:072-433-7040
ファックス:072-430-4775
〒597-0072
大阪府貝塚市畠中1丁目10番1号 福祉センター1階

メールフォームによるお問い合わせ