人生会議(ACP)を始めてみませんか

更新日:2020年11月30日

もしものときのために、あなたが望む医療・ケアについて話し合ってみませんか

誰でも、いつでも、命に関わる大きな病気やケガをする可能性があります。

命の危険が迫った状態になると、約70%のかたが、医療やケアなどを自分で決めたり、望みを人に伝えたりすることができなくなると言われています。

みなさんも、人生の最期をどう過ごしたいか、考えてみませんか。

人生会議とは

あなたが大切にしていることや望んでいること、どこで・どのような医療・ケアを望むかを、自分自身で前もって考え、周囲の信頼する人たちと話し合い、共有する取組を「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」といいます。

政府は、ACPの愛称を「人生会議」と呼び、11月30日「いい看取(みと)り・看取(みと)られ」を「人生会議の日」とし、人生の最終段階における医療・ケアについて考える日としています。

※このような取組は、個人の主体的な行いによって考え、進めるものです。知りたくない、考えたくないというかたへの十分な配慮が必要です。

人生会議のポイント

1.もし病気になったらどうしたいか、まず考えてみましょう

・どんな治療・ケアを受けたいか:例えば…延命処置は避けたい、苦痛をとる治療を受けたいなど

・どんなところで療養したいか:例えば…自宅、病院、施設など

2.考えた内容を、話し合い、共有しましょう

・治療の際に、あなたが大切にしたいこと、望んでいることを考える

・もしものとき、あなたの思いを伝えてくれる、信頼できる人(家族など)を選ぶ

・かかりつけ医や医療・介護スタッフ等と話し合う

・記録として書き残し、周囲と共有しておく

※心身の状態に応じて意思は変化することがあるため、何度でも繰り返し考え、話し合いましょう

参考

 

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部 高齢介護課 高齢者支援担当

電話:072-433-7010
ファックス:072-430-4775
〒597-0072
大阪府貝塚市畠中1丁目10番1号 福祉センター1階

メールフォームによるお問い合わせ