現在の位置

孝恩寺 木造難陀龍王立像

更新日:2021年03月19日

孝恩寺 木造難陀龍王立像 1躯

孝恩寺木造難陀龍王立像

孝恩寺 木造難陀龍王立像

こうおんじ もくぞうなんだりゅうおうりゅうぞう

種別

重要文化財(美術工芸品 彫刻)

所有者氏名

宗教法人 孝恩寺

所有者住所

貝塚市木積798

時代

平安時代前期(9世紀)

構造

一木造、彫眼、黄土彩

法量

像高 164.5センチメートル

指定年月日

大正2年4月14日

 

木積(こつみ)の孝恩寺は、明暦元年(1655年)に孝恩上人によって創建された浄土宗知恩院末の寺院です。現在の本堂である観音堂(釘無堂)は、もとは深谷山観音寺という寺院の観音堂でしたが、大正3年(1914年)孝恩寺が合併し、昭和36年(1961年)より同寺の本堂となりました。観音寺は、奈良時代の神亀3年(726年)に行基(ぎょうき)によって開創されたとされる寺院ですが、天正13年(1585年)の羽柴(豊臣)秀吉による紀州攻めに際して伽藍(がらん)や持仏の大部分が焼失し、残された観音堂と持仏は木積村の人々によって守られてきました。

難陀龍王は、海や水をつかさどることから航海の守護神や雨乞いの本尊とされる八大竜王のひとつです。本像は、髻(もとどり)を覆うような冠を着し、裳(も)、広袖の衣の上からがい襠衣(とうい)をまとって、右手を曲げて立つ天部像です。頭部より足先まで、両袖口を含めてカヤの一材で彫出し、内刳(うちぐ)りは施さず、全表面に黄土彩を施しています。過大な冠、目鼻立ちの大きな面貌は古い様式で、製作は9世紀前半頃と思われます。また、髻が岩のような盛り上げのみで毛を表わさず、体部の側面、背面には荒いノミ痕を残し、腹前の結び紐も未完成であることから、像全体として未完成段階のものと考えられています。

この記事に関するお問い合わせ先

教育部 社会教育課 文化財担当

電話:072-433-7126
ファックス:072-433-7053
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 教育庁舎1階

メールフォームによるお問い合わせ