善兵衛ランド

更新日:2016年02月09日

日本の望遠鏡の開祖 岩橋善兵衛の夢に出逢う

善兵衛ランド 

善兵衛ランド

 

 

江戸時代、独学で望遠鏡の製作法を習得、多数の望遠鏡を製作し貝塚の名を高めた岩橋善兵衛の偉業を称え、平成4年に完成した善兵衛ランド。直径6.5メートルのドーム式天体観測室に、口径60センチメートルの反射ニュートン・カセグレン式望遠鏡を備え、府下最大の規模を誇る。館内には善兵衛の遺品や、天体観測に関する資料展示室も開設され、昼間は太陽の黒点観測、夜間は星座観測が行われるなど子どもたちにも人気の施設。

 

電話:072-447-2020

 

Googlemap地図情報