現在の位置

鐘楼の半解体修理

更新日:2019年05月23日

鐘楼 素屋根建設中

素屋根建設中の鐘楼

鐘楼の解体01

屋根瓦を降ろしている状態

鐘楼の解体02

野地板の見える状態

鐘楼の解体03

小屋組の見える状態

2009年(平成21年)2月より工事用の素屋根という覆屋が建設されました。その後、屋根瓦が全て降ろされ、野地板などが解体されて、2009年4月には、小屋組の見える状態となりました。吊り下げられていた大阪府指定文化財の銅鐘についても、修理中は降ろされて別保管されています。


注意 画像は財団法人文化財建造物保存技術協会大阪支部 重要文化財 願泉寺本堂他5棟設計監理事務所より提供を受けたものを掲載しています。

この記事に関するお問い合わせ先

教育部 社会教育課 文化財担当

電話:072-433-7126
ファックス:072-433-7053
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 教育庁舎1階

メールフォームによるお問い合わせ