現在の位置

吉村家住宅

更新日:2019年06月17日

吉村家住宅 主屋 1棟、道具蔵 1棟、衣装蔵 1棟

吉村家住宅

よしむらけじゅうたく

種別

登録有形文化財(建造物)

所有者氏名

個人

所有者住所

大阪市阿倍野区阪南町

時代

〔主屋〕江戸時代中期/江戸時代末期増築

〔道具蔵〕江戸時代末期

〔衣装蔵〕江戸時代末期

構造

〔主屋〕木造平屋建、瓦葺

〔道具蔵〕土蔵造二階建、瓦葺

〔衣装蔵〕土蔵造二階建、瓦葺

登録年月日

平成15年7月1日

 

吉村家は江戸時代中期から貝塚寺内に居住し、屋号を和泉屋・泉久といい、代々「久」の字を使った名前を名乗っていました。江戸時代には油屋や両替商(金融業)を営んでいました。当家にのこる「文政三年諸用記」によると、町年寄の格式を持ち、西之町の中老役をつとめていたことが明らかとなっています。

当家住宅は紀州街道から西に1本入った筋にある交差点の北東に位置しています。主屋は西面し、右手に付属屋があり、その奥の座敷へと続きます。奥座敷両横に土蔵が隣接し、北側土蔵の前には2間四方の中庭が配置されています。主屋は内外とも改造が多いですが、桁行5間半、梁間5間の建物で、18世紀中頃の建築と思われます。

この記事に関するお問い合わせ先

教育部 社会教育課 文化財担当

電話:072-433-7126
ファックス:072-433-7053
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 教育庁舎1階

メールフォームによるお問い合わせ