現在の位置

岩橋善兵衛と望遠鏡

岩橋善兵衛とは・・・・? 

岩橋善兵衛の像です。

岩橋善兵衛(1756~1811)

 

今から約200年前、江戸時代の寛政5年(1793年)頃、日本一優れた望遠鏡を作ったのが岩橋善兵衛です。

  岩橋善兵衛は1756年、貝塚脇浜新町で生まれました。幼い頃から利口で器用で自然科学に関心が深かったようです。

成人になってからは昼は眼鏡職人として眼鏡のレンズを磨いて販売して生計をたてながら、オランダからの渡来品の望遠鏡を見て研究を重ね、向学心を燃やし続けました。

 やがて、日時計を考案したり窮理(物理)を極めるために自然科学者に教えを乞い、ひとかどの科学者になりました。そうして1793年、38才のとき独創で望遠鏡を作りました。板で筒を作りレンズをはめた望遠鏡で窺天鏡と名付けました。

 その後も独自のアイディアで様々な望遠鏡を製作し続けました。

紙を幾重にも巻き漆を塗った一閑張望遠鏡や竹筒の望遠鏡など、舶来品に優るとも劣らぬ望遠鏡を作りました。当時の日本で自らレンズを磨き望遠鏡の製作を専業としていたのは善兵衛だけで、性能や製作数も他の職人を圧倒していました。

寛政改暦では徳川幕府の天文方に用いられたのをはじめ、日本地図作成時には伊能忠敬にも用いられ紀伊和歌山の徳川家、近江彦根の井伊家、播磨明石の松平家など諸大名や江戸、大阪、京都の学者から天体観測用や軍事・航海目的のため需用が高まりました。

 また月の満ち欠けや星の位置や大阪湾の潮の干満を読み取るオリジナル星座早見盤(平天儀)を作成し江戸時代の日本の自然科学や天文学の発展に貢献しました。善兵衛の望遠鏡やこれらの観測機器や解説書は大阪府の有形文化財・歴史資料に指定されています。善兵衛ランド展示室で常設展示しています。

 貝塚市の生んだ江戸時代のすぐれた科学者の業績に触れて頂きたく、ご来館をお待ちしています。

 
これはきてんきょうといいます。善兵衛が始めて作った望遠鏡です。

「 窺天鏡 」

善兵衛が初めて作った望遠鏡の図。

 
これは平天儀図解です。天体の位置関係や24節気と星座や月の満ち欠け、潮の干満が分かるように工夫されています。

「 平天儀図解 」

天体の位置関係や24節気と星座や月の満ち欠け、潮の干満が分かるように工夫されている。

 
これは善兵衛作の一閑張望遠鏡です。大阪府有形文化財・歴史資料の指定されています。

善兵衛作の 一閑張望遠鏡 です。

大阪府有形文化財・歴史資料に指定されています。

 

天文学の発展と善兵衛  

1793年(寛政5年)38歳の時には自信作の望遠鏡を京都に持参し当時の医師や知識人の集いで披露し天体観測を行いました。 性能の良い善兵衛の望遠鏡は太陽黒点や月面の詳しい様子を鮮明に捕らえ科学者達に賞賛されました。 その性能の良さからやがて、善兵衛の名は大阪の科学者や徳川幕府に知られるようになりました。 1796年(寛政8年)には江戸幕府の天文台から、また1800年(寛政12年)には、伊能忠敬から全国の測量用に望遠鏡の注文も多くなりました。

 

 

善兵衛望遠鏡の特徴と仕組み 

善兵衛の望遠鏡に施されている独特の模様です。

< 模様 >

望遠鏡の表面に独特の模様を施してある。  

 
善兵衛の望遠鏡の細部のようすです。

上の模様が施され [岩橋]の焼印がある。

 

 
善兵衛式望遠鏡の断面図です

善兵衛式望遠鏡の断面図

 

 

 

< 倍率 > 

10~20倍の倍率で視野は約20度。

 

< レンズ >  

接眼部にレンズを3枚使っている。

対物レンズ1枚、正立レンズ1枚、接眼レンズ1枚の3群構成。

 
望遠鏡を解体した状態です。

< 望遠鏡の仕組み >

対物レンズを木か紙の枠で支えその前を真鍮の金具で固定している。

 
望遠鏡を収納した様子です。

望遠鏡を収納した様子

 

 

 

< 筒 >

すべて4段で筒の長さは第1筒が長く他の3筒は、ほぼ同じ長さで各筒はスライド式で短く収納できる。

 
望遠鏡の収納用の箱には「泉州貝塚岩橋善兵衛」との記載がある。

望遠鏡を格納していた箱には「泉州貝塚岩橋善兵衛」 と記されている。

 

 
これは一閑張望遠鏡です。

お問合わせ先

教育部 善兵衛ランド

電話:072-447-2020
ファックス:072-447-0149
〒597-0105
大阪府貝塚市三ツ松216 

更新日:2009年11月12日

ページの先頭へもどる