令和3年2月16日(火曜日)

更新日:2021年02月18日

西小学校で授業を見学する市長
西小学校の授業で児童にあいさつする市長
第三中学校の授業で生徒に挨拶する市長

現在、文部科学省で推進されている「GIGAスクール構想」の実現に向けて、貝塚市でも全小中学校にタブレット端末が導入され、徐々に授業での利用が開始されています。この日は西小学校と第三中学校を訪問し、タブレット端末を利用した授業を見学しました。

西小学校の5年生の教室に足を踏み入れると、まず何よりも、児童のみなさんが慣れた手つきでタブレットを使いこなしている姿に圧倒されました。算数の授業では、発表する児童が、自分のタブレット画面を教室のスクリーンに写し出し、図形に線や数式を書き加えながら解き方を説明していました。視覚的にも理解しやすく、クラス全体で気づきが共有できるたいへん密度の濃い授業だと感じました。

また、第三中学校で見学した英語の授業では、簡単な操作で録音や再生ができるため、正しい発音の確認などを繰り返し行えるところに魅力を感じました。

タブレットの操作を楽しみながら、学び、理解するみなさんの生き生きした表情を見て、私も自分のことのように嬉しくなりました。

小中学生のみなさんには、身の周りのいろんなことに興味を持ち、タブレット端末などを活用しながら、興味を持ったことへの学びを深めて欲しいと思います。そして、自分の将来への可能性を、より大きく広げて欲しいと期待しています。

この記事に関するお問い合わせ先

総務市民部 秘書課

電話:072-433-7316
ファックス:072-433-7319
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 本館2階

メールフォームによるお問い合わせ