令和2年10月4日(日曜日)

更新日:2020年10月05日

クリケットフィールドオープニングセレモニーで挨拶する市長
クリケット体験会でプレーを楽しむ参加者のみなさん
ジャパンカップ関西大会決勝戦の様子
表彰式で優勝カップを授与する様子

10月4日、市立ドローン・クリケットフィールドの供用開始に合わせて、クリケットフィールドのオープニングセレモニーを開催しました。

クリケットは世界の100を超える国や地域で行われている、たいへん人気のあるスポーツで、3憶人を超える競技人口は全世界でサッカーの次に多いと言われています。イギリスが発祥でとても歴史があり、フェアプレーと社交が最も重んじられます。全スポーツ選手の心得である「スポーツマンシップ」や、試合で素晴らしいプレーをした選手を指す「ハットトリック」は、クリケットから生まれた言葉だと言われています。

式典には、イギリス、インドの総領事やスリランカの名誉領事をはじめ、クリケット協会関係者、議員や近隣自治体の首長など、たくさんのみなさまにご出席、ご祝辞をいただきました。その後、クリケット日本代表選手によるデモンストレーションやルール解説、参加者が実際にボールを打つ体験会も行われました。

午後からは、クリケットジャパンカップ関西大会の決勝戦が行われ、手に汗にぎる白熱した試合の結果、神戸ホークスが124対120でロイヤル大阪タイガースを下し、優勝カップを手にしました。

秋らしい穏やかな気候で、1ヘクタールを超える芝生広場の鮮やかな緑色がたいへん心地よく感じられました。その中で行われた体験会や試合も素晴らしく、クリケットの魅力を存分に味わった1日となりました。

このクリケットフィールドの開設にご協力いただいた多くの方々をはじめ、式典に出席いただいたご来賓のみなさま、また、心温まるメッセージ、御花などをお贈りいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

この記事に関するお問い合わせ先

総務市民部 秘書課

電話:072-433-7316
ファックス:072-433-7319
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 本館2階

メールフォームによるお問い合わせ