令和2年1月26日(日曜日)

更新日:2020年05月28日

一体となって熱心に消火活動訓練をする様子
消防訓練で挨拶をする市長
消防訓練で激励する市長
日ごろの訓練の成果を発揮して消火活動にあたる姿

1月26日(日曜日)午前10時から、中町の願泉寺で実施された「文化財防火デー消防訓練」に出席しました。

「文化財防火デー」は、昭和24年1月、奈良の法隆寺金堂が火災で焼損したことを契機に制定されたもので、本市でも、教育委員会、文化財関係者および消防署・消防団が一体となり訓練を実施しています。昨年発生した沖縄県首里城の火災も記憶に新しく、改めて国民的遺産である文化財を火災・震災などの災害から守るための対策が重要視されているところです。

今回の訓練は、願泉寺の卜半(ぼくはん)住職をはじめ多くの来賓や関係者が見守る中、「願泉寺の庫裏(くり)より出火し、強い季節風にあおられ、国の重要文化財である本堂に延焼の危険が迫った」との想定で実施されました。消防署と消防第1分団・第2分団が、地元町会の方々とも連携しながら、日ごろの訓練の成果を発揮し、熱心に消火活動にあたる姿を拝見して、たいへん頼もしく感じました。

今後も貴重な国民の財産であります文化財を後世に伝えるため、市民のみなさんのご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。訓練に参加されました関係のみなさん、たいへんお疲れさまでございました。

この記事に関するお問い合わせ先

総務市民部 秘書課

電話:072-433-7316
ファックス:072-433-7319
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 本館2階

メールフォームによるお問い合わせ