身体障害者手帳・療育手帳の返還について

身体障害者手帳

【内容】

視覚、聴覚、平衡機能、音声・言語機能、そしゃく機能、肢体、心臓機能、じん臓機能、呼吸器機能、ぼうこうまたは直腸機能、小腸機能、HIV感染による免疫機能、肝臓機能障害のある人に交付されます。手帳には、障害の程度により1級から6級までの区分があり、取得するといろいろなサービスを利用できます。

 

【申請手続に必要なもの】

  1. 手帳交付申請書(用紙は市民福祉センター内障害福祉課にあります。)
  2. 身体障害者手帳指定医師が記入した診断書
  3. 顔写真1枚、縦4センチメートル×横3センチメートル(無帽、上半身、真正面、1年以内に撮影したもの)
  4. 本人のマイナンバーカード(個別通知カード)が確認できるもの 注1
  5. 来庁者の本人確認できるもの 注2

 

注1 マイナンバーカード(個別通知カード)、個人番号が記載された住民票の写し、住民票記載事項証明書のいずれか。

注2 マイナンバーカード(個別通知カード)、運転免許証または運転経歴証明書、パスポート、障害者手帳、在留カード、特別永住者証明書のうち1点。もしくは公的医療保険被保険者証、年金手帳、児童扶養手当証明書、特別児童扶養手当証明書、申請時に添付する医師の診断書などのうち2点。

注意:

  • 手帳が交付されるまで2カ月程度かかります。
  • 指定医師については、障害福祉課でおたずねください。
  • 手帳交付の申請の際に要した診断書料については助成します。
    (医療機関の領収書が必要です。)

【等級変更】

障害の程度が変わったと思われるかたは、指定医師の診断書を添えて申請してください。

【変更届】

住所や氏名を変更された場合は届け出てください。

【再交付】

紛失、破損したときは、写真を添えて申請してください。

【返還】

死亡されたとき、障害を有しなくなったときは手帳を返還してください。

療育手帳

【内容】

子ども家庭センター又は大阪府障がい者自立相談支援センターで知的障害と判定された方に交付されます。手帳には、障害の程度によりA(重度)・B1(中度)・B2(軽度)に分けられます。手帳を持つことで、障害の程度に応じたサービスを利用しやすくなります。

【申請手続に必要なもの】

  1. 手帳交付申請書(用紙は市民福祉センター内障害福祉課にあります。)
  2. 顔写真1枚、縦4センチメートル×横3センチメートル(無帽、上半身、真正面、1年以内に撮影したもの)

 

注意:

  • 子ども家庭センター(18歳未満)・大阪府障がい者自立相談支援センター(18歳以上)の判定を受けます。
  • 手帳が交付されるまで3カ月程度かかります。

【再判定】

療育手帳に、次回の判定時期が指定されます。その時期までに判定を受ける必要がありますので、更新の申請をしてください。(写真が必要です。)

【変更届】

住所や氏名を変更された場合は届け出てください。

【再交付】

紛失、破損したときは、写真を添えて申請してください。

【返還】

死亡されたとき、障害を有しなくなったときは手帳を返還してください。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部 障害福祉課

電話:072-433-7012
ファックス:072-433-1082
〒597-0072
大阪府貝塚市畠中1丁目10番1号 福祉センター1階

メールフォームによるお問い合わせ