学校生活におけるマスクの着用について

更新日:2021年06月18日

文部科学省及び大阪府の方針により、貝塚市立学校・幼稚園におけるマスクの着用については、下記の通りとします。

・学校の日常においては、新型コロナウイルス感染症対策のために、原則としてマスクを着用するように指導します

・気温や湿度、暑さ指数(WBGT)が高い日には、熱中症などの健康被害が発生するリスクがあるため、十分な感染症対策を講じたうえで、マスクをはずすように指導します

・登下校時には、人との距離が十分に確保できる場合は、熱中症のリスクを考慮して、マスクをはずしてもよいこととします

・体育の時間等における運動時は、身体リスクを考慮し、マスクの着用は必要ないものとします。

ただし、その場合でも、準備や片づけなど運動を行っていない時には、感染症対策として可能な限りマスクを着用するように指導します

・気温や湿度、暑さ指数(WBGT)が高くない日に、呼吸が激しくならない軽度な運動を行う際に、マスクの着用を希望する子どもについては、着用を可とします。

ただし、マスクを着用する時には、体調の変化に十分注意し、必要に応じてまわりの人との距離を十分に確保してマスクをはずして休憩するように指導するなど、感染症対策を講じながら事故防止に留意します。

・一人ひとりが自分の判断でマスクを着脱することが難しいことも考えられるため、必要に応じてマスクの着脱について子どもたちの判断にゆだねることなく、適切に指導します

・マスク着用時には熱中症について特に配慮し、こまめな水分補給について指導します。

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

教育部 学校教育課
電話:072-433-7108
ファックス:072-433-7053
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 教育庁舎1階

メールフォームによるお問い合わせ