せんごくの杜(千石荘病院跡地)開発事業の優先交渉権者を決定

更新日:2019年01月11日

千石荘病院跡地の開発を行う、「せんごくの杜(千石荘病院跡地)開発事業」について、事業を実施する民間事業者を選定する公募型プロポーザルの募集要項を平成30 年11 月9 日に公告したところ、3者から応募があり、うち2者から提案書の提出がありました(1者は提出辞退)。この提案内容について平成31 年1 月10 日の千石荘病院跡地開発事業事業者選定委員会(委員長 三好 庸隆 武庫川女子大学 生活環境学部教授)において審査した結果、以下の通り優先交渉権者を決定しました。

 

優先交渉権者:大本組・PALTACグループ

(代表企業:株式会社大本組  構成企業:株式会社PALTAC)

 

委員会における優先交渉権者の主な選定理由については、以下の通りです。

  • 応募者の構成企業が市から土地を購入し、代表企業が開発、施工を行うスキームであり、グループ内の役割分担、責任の区分も明確で事業スキームの具体性、確実性が高い。

  • エンドユーザーである構成企業は社会的な信用度が高い企業(東証一部上場)であり、周辺環境と整合のとれる業種、業務形態である。

  • 対象地及び隣接地のインフラ整備に関して、工程も含め適切な計画が提案されている。

  • エンドユーザーである構成企業の施設稼働後は、市内において多数の新規雇用の発生及び税収増が見込まれる提案となっている。

  • 市が確実に土地売却収入を得ることができる。

 

 なお、次点交渉権者は、以下の通り決定いたしました。 

 次点交渉権者:りそな銀行・矢作建設工業グループ

(代表企業:株式会社りそな銀行  構成企業:矢作建設工業株式会社)

 

この記事に関するお問い合わせ先

都市政策部 政策推進課

電話:072-433-7240・072-433-7055
ファックス:072-433-7077(直通)
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 本館4階

メールフォームによるお問い合わせ