マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

更新日:2021年03月22日

令和3年3月(予定)より、顔認証付きカードリーダーが設置されている医療機関・薬局では、マイナンバーカードを被保険者証として利用することができるようになります。(設置されていない医療機関等では、引き続き保険証が必要です。)

 

マイナンバーカードを保険証として利用するためには、事前に登録が必要です。登録の申込は、パソコン(ICカードリーダーが必要)やスマートフォン(マイナンバー読取対応機種)等を利用してマイナポータル(外部サイト)から行えます。
 

マイナンバーについてのお問合せ先

マイナンバー総合フリーダイヤル

0120-95-0178

受付時間(年末年始を除く)

平日 9時30分から20時00分まで
土日祝 9時30分から17時30分まで

よくある質問

マイナンバーカードを保険証として利用登録をすると、従来の保険証は使えなくなりますか?

従来の保険証も引き続きご利用いただけます。

マイナンバーカードを保険証として登録するのに、パソコンやスマートフォンを持っていない場合はどこでできますか?

市役所本庁1階市民課、市民福祉センター1階貸館受付、保健福祉合同庁舎1階子ども福祉課のそれぞれの窓口に設置されているマイナポータル端末からも登録ができます。

すべての医療機関や薬局で、マイナンバーカードを利用して受診できるようになりますか?

マイナンバーカードで受診できるのは、顔認証付きカードリーダーが設置されている医療機関や薬局に限られます。
カードリーダーを導入していない医療機関や薬局のほか、訪問看護ステーション、整骨院、接骨院、鍼灸院、あんま・マッサージ施術所では、これまでどおり保険証の提示が必要です。今後、厚生労働省ホームページで、マイナンバーカードが保険証として使える医療機関・薬局が確認できるようになる予定です。

医療機関や薬局の受付でマイナンバーカードを預けるのですか?

医療機関や薬局の窓口では、マイナンバーカードは預かりません。

マイナンバーカードの健康保険証としての利用について

この記事に関するお問い合わせ先

都市政策部 政策推進課

電話:072-433-7240・072-433-7055
ファックス:072-433-7077(直通)
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 本館4階

メールフォームによるお問い合わせ