ふるさと応援寄附(ふるさと納税)とは

更新日:2015年05月22日

「ふるさと寄附(ふるさと納税)」とは、生まれ育った「ふるさと」や、ゆかりのある「ふるさと」を応援したい!貢献したい!といったみなさんの想いを実現するための寄附金制度です。

優遇措置として、地方公共団体に対する寄附金のうち2,000円を超える部分について、一定の上限まで、原則として所得税・個人住民税から全額が控除されます。

「ふるさと寄附(ふるさと納税)制度」でいう「ふるさと」に定義はありません。本市を応援してくださるかたならどなたでもご寄附いただけます。

対象者

 個人住民税の納税義務のある方

対象となる地方公共団体

 すべての都道府県・市区町村

対象となる寄附金額

 2千円を超える部分の寄附金額

控除方式

 税額控除方式

 注意:所得税については、所得控除方式

控除額の上限

 個人住民税所得割の概ね2割程度

手続き

 控除を受けるためには、ふるさと納税をした翌年に、確定申告を行う必要があります。

 ただし、確定申告が不要な給与所得者等で、ふるさと納税先が5団体以内の場合に限り、ふるさと納税先自治体に申請することにより、確定申告不要で控除を受けられる手続きの特例(ふるさと納税ワンストップ特例制度)が創設されました(平成27年4月1日以後に行われたふるさと納税について適用)。

上記リンク先より控除額計算シートのダウンロードができます。

この記事に関するお問い合わせ先

都市政策部 政策推進課

電話:072-433-7240・072-433-7055
ファックス:072-433-7077(直通)
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 本館2階

メールフォームによるお問い合わせ