第61号 自然生態園

更新日:2010年03月02日

トンボの池

 自然生態園は、自然遊学館の隣にあります。ここは休日になると家族連れで賑わいます。
1997年に市民有志により「自然生態園をつくる会」が発足し、トンボの池・どんぐりの森・バッタの原っぱ・海辺の植物コーナーが順次、手作業で造られました。特にトンボの池では、「水道水を使わない」「機械を使わない」「池の底にシートを使わない」「貝塚産以外の材料は使わない」の4つの「ない」をモットーに造られました。また、毎月ボランティアのかたが中心になって、池そうじ、草ぬき、ザリガニとりなどの維持管理を行なっています。
 現在までに、アオイトトンボ・ギンヤンマ・シオカラトンボ・タイリクアカネ・ウスバキトンボなど18種のトンボが確認されています。
 みなさんも、自然を感じとる空間を訪れてみてはいかがですか。
(平成18年8月掲載)

この記事に関するお問い合わせ先

都市政策部 広報交流課 広報広聴担当

電話:072-433-7231
ファックス:072-433-7233
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 別館2階

メールフォームによるお問い合わせ