新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮について

感染した人や医療従事者などへ差別や偏見はあってはなりません

新型コロナウイルスに感染した人や医療従事者、そのご家族、外国籍の人などに対する誹謗中傷や心無い書き込みがSNSで広がるなど人権問題になっています。不確かな情報による不当な差別や偏見、いじめなどはあってはならないことです。市民のみなさまには、国や自治体が提供している正確な情報に基づき、人権に配慮した冷静な行動をお願いします。

そして、感染症が拡大、長期化するなかで、誰もが感染者や濃厚接触者になりうる状況にあります。お互いを思いやる気持ち、感染リスクに直面しながら従事している医療関係者などへの感謝の気持ちを持つことが大切ではないでしょうか。

 

差別やいじめを受けた時は、一人で悩まず相談機関をご利用ください

この記事に関するお問い合わせ先

都市政策部 人権政策課

電話:072-433-7160
ファックス:072-433-7511(代表)
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 本館4階

メールフォームによるお問い合わせ