【開催中止】 2021 憲法週間市民のつどい(5月14日)

更新日:2021年04月27日

「2021 憲法週間市民のつどい」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、開催を中止いたします。

参加を予定していた市民の皆様には大変申し訳ございません。何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

 

 

憲法に定められる「基本的人権の尊重」に焦点をあて、人権の大切さ、互いに人権が尊重される差別のない社会について、考えましょう。

差別と向き合うマンガたち~メガネ男子や大食漢がヒーローになれないのは、なぜ?~

こどもの頃から慣れ親しんだマンガ。

このマンガの表現を通して、私たちが知らず知らずのうちに、すり込まれているイメージや 価値観があることに気付く・・・

マンガに潜む『偏見』を知ることで、差別について考えてみましょう。

日時 5月14日(金曜日)

午後1時30分から(午後1時開場)

場所 コスモスシアター 中ホール

講師 吉村 和真さん (京都精華大学マンガ学部教授・専務)

定員 120名

お申込みが必要です(先着順)。当日参加不可。人権政策課まで電話、ファクシミリ、メール等でお申込みください。

入場無料

手話通訳、要約筆記あり

一時保育はありません。

※新型コロナウイルス感染症対策のため、マスクの着用、咳エチケット、検温などのご協力をお願いします。また、風邪の諸症状やだるさ・息苦しさなどの体調不良がある場合などは、ご参加をご遠慮いただきますようお願いします。

 

この記事に関するお問い合わせ先

都市政策部 人権政策課

電話:072-433-7160
ファックス:072-433-7511(代表)
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 本館4階

メールフォームによるお問い合わせ