洪水・土砂災害ハザードマップ

更新日:2020年03月01日

概要

洪水・土砂災害ハザードマップは、土砂災害や洪水災害が発生するおそれのある区域について、地図で明らかにするとともに、災害の知識や避難場所などの情報を記載しています。

 

大雨等により土砂災害発生の危険性が高まった場合や、災害が発生した場合に、市民の皆さんが自主的に避難行動を取っていただけるように作成しています。

日頃から、危険箇所や避難場所に至る避難経路を確認して、いざという時に「早めの避難」を心がけていただくようにお願いします。

 

土砂災害とは、山やがけがくずれ、くずれた土砂が雨水や川の水と混じって流れることによって、建物が押しつぶされたり、人命が奪われる災害のことで、大雨や地震がきっかけで発生します。

洪水災害とは、大雨などによって水量が著しく多くなり、河川から水があふれて氾濫することを指します。

 

土砂災害については、「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(土砂災害防止法)」に基づき、土砂災害警戒区域(※1)・土砂災害特別警戒区域(※2)を記載しています。

洪水災害については、「水防法」に基づき、洪水浸水想定区域(※3)を記載しています。

 

大阪府は土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域や洪水浸水想定区域を公表し、貝塚市はそれらの情報を使用してハザードマップの整備を進めています。

なお、雨の降り方によっては、洪水・土砂災害ハザードマップに示した区域以外でも土砂災害や洪水災害が発生するおそれがありますので、十分に注意してください。


※1)土砂災害警戒区域とは

土砂災害が発生するおそれがあり、発生した場合、市民に危害が生じるおそれがある区域。

 

※2)土砂災害特別警戒区域とは

土砂災害警戒区域のうち、土砂災害が発生した場合に建築物に損壊が生じ、市民に著しい危害が生じるおそれがある区域。

 

※3)洪水浸水想定区域とは

想定最大規模の降雨により河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域と浸水した場合に想定される水深。

洪水・土砂災害ハザードマップには、大阪府が平成24年、25年に公表した洪水リスク表示図(200年に1度の確率で発生するおそれがある大雨時【概ね1時間あたり87ミリメートル、24時間あたり342ミリメートル】)を元に記載しています。

この記事に関するお問い合わせ先

都市整備部 道路公園課 管理交通担当

電話:072-433-7340
ファックス:072-433-7343
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 別館3階

メールフォームによるお問い合わせ