新型コロナウイルス感染症に伴う建設工事の対応について

更新日:2020年05月15日

新型コロナウイルス感染症に伴う建設工事の対応については下記のとおりとします。また、工事現場や事務所においては、「密閉、密室、密接の3つの密を避ける。」「アルコール消毒液の設置や不特定多数の人が触れる部分の定期的な消毒、手洗い、うがいをこまめに行う。」等の感染拡大防止対策を徹底していただきますようお願いします。

 

 

1.本市発注の建設工事で新型コロナウイルス感染症の感染者が確認されたとき

本市発注の建設工事で作業従事者等に新型コロナウイルス感染症の感染者が確認された場合は、速やかに受注者から工事担当課に報告してください。また、感染者本人や本人と濃厚接触した疑いがあるかたを自宅待機とするなど、保健所等の指導に従い適切な措置を講じてください。

 

2.本市発注の建設工事の一時中止について

建設現場において新型コロナウイルス感染症の罹患や従業員の子が休校で出勤できない状況が生じるなどの理由で工事の継続が困難と認められる場合は、工事請負契約書第20条第1項に基づき、受注者の責めによらないものとして、受発注者間で協議を行い、発注者が工事の一時中止の指示を行う対応をとります。受注者において工事の一時中止を希望する場合は、工事担当課に申し出てください。

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

総務市民部 契約検査課 工事担当

電話:072-433-7321
ファックス:072-433-7404
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 本館2階

メールフォームによるお問い合わせ