未婚のひとり親家庭へ寡婦(夫)控除をみなし適用します

更新日:2017年04月10日

寡婦(夫)控除のみなし適用とは

寡婦(夫)控除は、所得税法や地方税法に基づく所得控除で、死別や離婚によるひとり親家庭の父または母に適用される制度ですが、婚姻歴のない(未婚の)ひとり親家庭には適用されません。

貝塚市では、このようなひとり親家庭の婚姻歴の有無による差異を解消し、子育てを支援するため、税法上の寡婦(夫)控除が適用されない未婚のひとり親家庭の父または母に対して、下記対象事業の各種利用料等の算定について控除の適用を受けているものとみなします。

なお、寡婦(夫)控除のみなし適用後も利用料等が変わらない場合があります。また、実際の住民税や所得税に影響するものではありません。

対象者

税法上の寡婦(夫)控除が適用されない、未婚のひとり親家庭の父または母

寡婦(夫)控除のみなし適用を受けるためには申請が必要です。

申請方法など、詳しくは各事業の担当課へお問合わせください。

実施時期

平成27年9月1日から

控除額

税法上の控除額に順じます。控除額は以下のとおりです。  

控除額一覧

控除の種類

所得税控除額

住民税控除額

所得制限

寡婦

27万円

26万円

所得制限なし

寡婦(特定)

35万円

30万円

合計所得金額

500万円以下

寡夫

27万円

26万円

合計所得金額

500万円以下

 

対象事業

対象事業、各事業の担当課、申請窓口は以下のとおりです。

寡婦(夫)控除みなし適用対象事業一覧

対象事業

担当課・申請窓口

電話番号

助産及び母子生活支援施設措置事業

子育て短期支援事業

ひとり親家庭日常生活支援事業

高等職業訓練促進給付金等事業

子ども福祉課

072-433-7021

私立幼稚園児の保護者補助金

子育て支援課

072-433-7090

保育施設等の利用者負担額

市立幼稚園保育料

保育こども園課

072-433-7024

 

この記事に関するお問い合わせ先

健康子ども部 子ども福祉課

電話:072-433-7021
ファックス:072-433-7051
〒597-0072
大阪府貝塚市畠中1丁目18番8号 保健・福祉合同庁舎1階

メールフォームによるお問い合わせ