造血細胞移植(骨髄移植等)後の定期予防接種再接種費用補助制度について

更新日:2018年09月04日

   市では、造血細胞移植(骨髄移植等)により、移植前の定期予防接種で得た免疫が低下または消失したため、移植前に接種していた定期予防接種と同一の予防接種を再接種する場合の費用について、一定の条件を満たすかたに対し、補助する制度を創設しました。

補助制度の概要 

○補助対象者(次のいずれにも該当するかた)
 1.造血細胞移植により、移植前に接種した定期予防接種で得た免疫が
  低下または消失したため、再接種が必要であると医師が認めるかた
 2.再接種日において、20歳未満のかた
 3.平成30年4月1日以降の再接種であること
 4.再接種日において、市の住民基本台帳に記載されているかた

○補助金額
 再接種した予防接種ごとに、補助対象者が負担した金額または市が
 定める金額のいずれか少ない金額

※補助を受けるには、造血細胞移植を実施した医療機関の医師の意見書や、
 造血細胞移植以前に接種した定期予防接種の履歴が確認できる書類など
 が必要になります。詳しくはお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康子ども部 健康推進課

電話:072-433-7000
ファックス:072-433-7005
〒597-0072
大阪府貝塚市畠中1丁目18番8号 保健・福祉合同庁舎1階

メールフォームによるお問い合わせ