感染性胃腸炎(ノロウイルス)を予防しましょう

更新日:2018年12月13日

下痢やおう吐などを引き起こす感染性胃腸炎が流行しています。

中でも、ノロウイルスが原因で起こる胃腸炎は非常に感染力が強いため、子どもや高齢者など、免疫力の低い人は、特に注意が必要です。

日頃から手洗いなどをこまめにして、予防に努めることが大切です。

予防のポイント 

1.手洗い

食事の前やトイレの後などは、必ず手を洗いましょう!

2.衛生管理

下痢やおう吐などの症状がある人は、食品を直接取り扱う作業をしないようにしましょう!

3.汚物処理

胃腸炎患者に接する人は、患者のふん便や吐ぶつを適切に処理し、感染を広げないようにしましょう!

詳しくは下記のホームページをご覧ください

この記事に関するお問い合わせ先

健康子ども部 健康推進課

電話:072-433-7000
ファックス:072-433-7005
〒597-0072
大阪府貝塚市畠中1丁目18番8号 保健・福祉合同庁舎1階

メールフォームによるお問い合わせ