令和4年4月1日から特別児童扶養手当、障害児福祉手当、特別障害者手当の「眼の障害」の認定基準が改正されます

更新日:2022年03月31日

令和4年4月1日から特別児童扶養手当、障害児福祉手当、特別障害者手当の「眼の障害」の認定基準が改正されます。

視力障害については、良い方の眼の視力に応じて適正に評価できるよう、「両眼の視力の和」から「良い方の眼の視力」による認定基準に変更されます。

また、視野障害については、認定基準の追加などが行われます。

なお、特別障害者手当については、重度の異なる障害が重複するかたが対象となるため、眼の障害の基準に該当するだけでは、手当の対象にはなりませんので、ご注意ください。

詳しくは以下のリーフレットをご覧いただくか、障害福祉課までお尋ねください。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部 障害福祉課

電話:072-433-7012
ファックス:072-433-1082
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 本館1階

メールフォームによるお問い合わせ