障害福祉サービス

サービスの内容 

(1)ホームヘルプサービス 

日常生活を営むのに支障のある精神障害者の家庭にホームヘルパーが訪問して、食事及び身体の清潔保持等の介助等支援をします。

 

(2)ショートステイ

精神障害者の介護等を行っている方が、疾病、冠婚葬祭等で介護を行うことができない場合に事前利用申し込みをして頂き、短期間利用し、介護を受けることができる施設です。 利用者負担の他に食費・日用品費等の費用が必要です。

 

(3)重度訪問介護

精神障害により行動上著しい困難があるかたに対する居宅での入浴、排せつ、食事の介護のほか、外出の際の移動中の介護など総合的な介護を行います。

 

(4)生活介護

障害者支援施設などの施設で日中に行われる入浴、排せつ、食事の介護や創作的活動、生産活動の機会提供などの援助を行います。

 

(5)行動援護

精神障害によって行動上著しい困難があるため常時介護が必要なかたに対して、行動する際に生じる危険を回避するために必要な援助や外出の際の移動中の介護を行います。

 

(6)共同生活援助(グループホーム)

地域における共同生活住居において、相談、入浴、排せつまたは食事の介護、その他、日常生活上の援助を提供します。

 

(7)地域移行支援

施設に入所、精神科病院に長期間入院しているかたに、地域生活に移行するための必要な支援を行います。

 

(8)自立訓練

自立した日常生活や社会生活を営むため、身体機能や生活能力の向上のために必要な訓練の提供を行います。日中、一般就労や障害福祉サービスを利用しているかたで、地域移行に向けて一定期間施設に入所し、生活能力等の維持・向上のための訓練を受けることができる宿泊型自立訓練もあります。

 

(9)就労移行支援

就労を希望するかたに対して、生産活動などの機会の提供を通じて就労に必要な知識や能力向上のために必要な訓練の提供を行います。

 

(10)就労継続支援A型・B型

企業等に就職することが困難なかたに対して、就労機会の提供と生産活動などの機会の提供を通じて、知識や能力向上のために必要な訓練の提供を行います。

 

(11)就労定着支援

生活介護、自立訓練、就労移行支援または就労継続支援を利用し、一般就労した障害者に対して相談支援や雇用した企業への訪問、関係機関との連絡調整を行います。

 

(12)自立生活援助

障害者支援施設やグループホーム、精神科病院等から地域での単身生活に移行した障害者等に対して定期的な居宅訪問等により利用者の状況把握を行い、必要な情報提供や助言等の支援を一体的に行います。

 

(13)地域定着支援

居宅において単身等で生活するかたに対して、常時の連絡体制を確保し、緊急の事態等に相談その他必要な支援を行います。

 

(14)計画相談支援

障害福祉サービスを利用する場合、希望する生活や援助の方針、サービスの内容等を記載したサービス等利用計画の作成が必要になります。相談支援専門員が作成します。

 

(15)ガイドヘルプ(移動支援)

社会参加のために必要な外出について、ヘルパーが外出の同行支援を行います。

 

利用できるかた 

精神障害者保健福祉手帳をお持ちで、審査の結果、支給決定されたかた

※精神障害者保健福祉手帳をお持ちでないかたでサービスを希望されるかたは障害福祉課までご相談ください

利用者負担について 

利用者負担は、サービス費の1割です。本人と配偶者または主たる生計中心者の所得に応じて負担上限額があります。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部 障害福祉課

電話:072-433-7012
ファックス:072-433-1082
〒597-0072
大阪府貝塚市畠中1丁目10番1号 福祉センター1階

メールフォームによるお問い合わせ