「緊急事態宣言」解除に伴う市長メッセージ

更新日:2021年03月02日

    新型コロナウイルス感染症に関し、大阪府に発出されていた緊急事態宣言については、政府対策本部会議において、この間の感染状況等についての分析・評価の結果を経て、2月28日をもって解除することが決定され、本日(3月1日)以降、法に基づく「緊急事態措置を実施すべき区域」から除外されました。

    それを受け、本市におきましては、市民福祉センターや総合体育館などの公共施設の使用制限を、本日より解除することといたします。

    一方、今後、緊急事態措置区域から除外されることによる意識の変化や、年度末に向けて催される行事により、感染が再拡大することが懸念されています。

    このような状況を踏まえ、2月26日に開催された大阪府対策本部会議において、府民に対し、「4人以下でのマスク会食の徹底」「歓送迎会、謝恩会、宴会を伴う花見は控えること」などの要請が行われました。

    市民の皆さんには、緊急事態宣言は解除されましたが、感染の再拡大を防止するため、大阪府からの要請に基づく行動を心掛けていただきますとともに、感染予防の基本である「マスクの着用」「手洗いの励行」「3密を避ける」など、引き続き、感染予防にご協力いただきますようよろしくお願いします。

 

    令和3年3月1日

 

    貝塚市新型コロナウイルス対策本部長

    貝塚市長 藤  原    龍  男