大阪府医療非常事態宣言に伴う市長メッセージ

更新日:2022年07月28日

新型コロナ感染症拡大の中、大阪府では、1日当たり新規陽性者が急増するとともに、病床使用率も50%に達したことから、府内の感染状況を示す基準である「大阪モデル」が非常事態(赤信号)に移行し、7月28日から8月27日までの間、医療提供体制を維持するため「大阪府医療非常事態宣言」が発出されました。

このような状況を踏まえ、市民の皆様には、大変ご不自由をおかけしますが、今後も引き続き、基本的な「マスクの着用」「手洗いの励行」「3密(密閉・密集・密接)を避ける」など感染予防対策の徹底をお願いします。

高齢の方におかれましては、自らの命と健康を守るため、ワクチン接種・医療機関への通院、食料・衣料品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持のために必要なものを除き、不要不急の外出を控えてください。また高齢の方と同居されるご家族や日常的に接する方は、感染リスクが高い行動を控えてくださるようお願いいたします。

 

令和4年7月28日

貝塚市新型コロナウイルス対策本部長

貝塚市長  酒井 了

この記事に関するお問い合わせ先

健康子ども部 健康推進課

電話:072-433-7000
ファックス:072-433-7005
〒597-0072
大阪府貝塚市畠中1丁目18番8号 保健・福祉合同庁舎1階

メールフォームによるお問い合わせ