飲食店等に対する大阪府独自の制限措置解除に伴う市長メッセージ

更新日:2021年10月24日

    新型コロナウイルス感染症に関し、大阪府に発出されていた緊急事態宣言が、9月30日に解除されたことを受け、宣言解除に伴う意識の変化による感染再拡大を防止するため、10月31日までの間、大阪府独自に、飲食店等に対し要請していた時短営業や酒類提供の制限については、この間の新規陽性者数の減少や、病床使用率低下による医療提供体制改善などの状況を踏まえ、昨日(10月21日)開催された大阪府対策本部会議において、10月24日をもって解除することが決定されました。

    それを受け、本市におきましては、本日(10月22日)開催した新型コロナウイルス対策本部会議において、現在実施している一部公共施設(公民館・青少年センター・善兵衛ランド)の利用時間制限措置を解除し、それらの施設については、10月25日より、通常どおりの利用時間に戻すことを決定したところです。

    なお、飲食店等に対する制限は解除されますが、今後、年末に向けて催される行事などにより、第6波の感染拡大が懸念されることから、大阪府においては、引き続き、11月30日までの間、会食を行う際のルールとして、「同一テーブル4人以内」「2時間程度以内での飲食」「マスク会食の徹底」など、感染防止対策の継続が呼びかけられています。

    市民の皆さんには、感染の再拡大を防止するため、引き続き、会食の場面においては、大阪府からの呼びかけに基づく行動を心掛けていただきますとともに、「マスクの着用」「手洗いの励行」「密閉・密集・密接を避ける」「こまめな換気」など、新しい生活様式に基づく感染防止対策へのご協力をよろしくお願いします。

 

    令和3年10月22日

 

    貝塚市新型コロナウイルス対策本部長

    貝塚市長    藤  原    龍  男