貝塚市妊婦特別定額給付金について

更新日:2020年07月10日

 

 

貝塚市妊婦特別定額給付金について

1.施策の概要

国施策の特別定額給付金の基準日である令和2年4月27日に、お腹の中で命を宿し、新型コロナウイルス感染予防対策に留意して過ごされていた妊婦の皆さんに、経済的および精神的負担の軽減を目的として給付金を支給します。

2.給付対象者

給付対象者は、次のすべての要件を満たす方です。

1.基準日(令和2年4月27日)から貝塚市妊婦特別定額給付金申請日(郵送の場合は消印日)現在において引き続き本市の住民基本台帳に記録されている方。

2.基準日(令和2年4月27日)において妊娠されている方。ただし、基準日(令和2年4月27日)に出産した方は除きます。

※基準日の翌日(令和2年4月28日)以降の流産等により妊娠が継続していない方も給付対象となります。

3.給付額

お腹の赤ちゃん1人につき10万円。

4.給付金の申請方法

感染拡大防止の観点から、給付金の申請は郵送を基本とし、給付は、原則として申請者の本人名義の銀行口座への振込により行います。

令和2年7月10日に対象と思われる方〈令和2年6月30日までに市に妊娠届出書を提出された方(母子健康手帳を交付された方)〉に申請書類を発送します。

7月以降、妊娠届出書を提出された方で対象と思われる方には、随時、申請書類を発送します。

申請書に振込先口座等の必要事項を記入し、下記必要書類とともに市へ郵送してください。

  1. 妊婦の方の本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、健康保険証などいずれか1点)の写し
  2. 振込先口座の確認書類(通帳またはキャッシュカードの写し)
  3. 妊婦の方の名義以外の口座に振り込みを希望される場合は、口座名義人の本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、健康保険証などいずれか1点)の写し
  4. 令和2年6月2日(火曜日)以降に妊娠届出書を提出した方は、基準日に妊娠していたことがわかる書類(母子健康手帳の「妊娠中の経過」のページの写し、または医師による基準日に妊娠していたことがわかる証明書)

申請期限:令和2年9月30日(水曜日)当日消印有効

 

5.給付開始日

令和2年7月下旬から順次給付を開始いたします。

この記事に関するお問い合わせ先

都市政策部 政策推進課 特別定額給付金担当

電話:072-433-7044
ファックス:072-433-7077
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目10番1号 福祉センター4階

email:seisaku-s3@city.kaizuka.lg.jp