「緊急事態宣言」解除に伴う市長からのメッセージ

更新日:2020年05月22日

    新型コロナウイルスに関しましては、5月21日に開催された政府対策本部会議において、大阪府に発出されていた新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が、同日付けで解除されることが決定されました。

    また、政府の決定を受け大阪府対策本部会議において、現在の外出自粛要請や施設使用制限要請などの緊急事態措置を大幅に緩和し、5月23日午前0時から適用されることになりました。

    市民の皆さん、並びに事業者の皆さんにおかれましては、この間の外出自粛要請や休業要請に対し、多大なるご理解、ご協力を賜りましたことに対し、厚くお礼申し上げます。

    また、感染症対策に欠かせないマスクや消毒液など、数多くのご寄付をいただきました方々に対し厚くお礼申し上げます。

    今般、緊急事態宣言が解除され、これまで休業していました幼稚園及び小学校、中学校につきましては、6月から再開するとともに、その他の休館や利用を制限していた市の施設につきましても、順次開館し、また、併せて市主催の一部のイベントについても実施してまいります。

    しかしながら、新型コロナウイルス感染症が完全に終息したわけではないことから、各施設の開館やイベントの実施にあたりましては、国や府の方針を踏まえ、十分な感染防止対策を講じてまいります。

    子育て世帯を対象に本市独自に実施している「子育て世帯への臨時給付金」(扶養している20歳未満の子ども1人につき1万円の給付)では、ほぼ全ての対象者からご申請をいただき、5月中に給付が完了するものと見込んでいるところですが、まだご申請されていない方につきましては、申請期限の6月末までにご申請くださるようお願いいたします。

    また、児童手当(本則給付)を受給している世帯に対し支給する「臨時特別給付金」(対象児童1人につき1万円)につきましては、公務員共済加入者を除き対象者へ6月上旬に通知書を送付いたします。

    「特別定額給付金」(1人につき10万円の給付)につきましては、現在ご申請をいただいている状況から、概ね8割の市民の方へは5月中に給付できると見込んでおりますが、まだご申請されていない方につきましては、忘れずにご申請くださるようお願いいたします。

    水道料金では、令和2年5月から令和3年4月検針分の1年間、基本料金を5割減額いたします。減額について申請の必要はございません。減額後の金額については、検針時にお配りするお知らせに記載いたしますのでご確認ください。

    1万2,000円分の商品券を1万円で販売する「貝塚プレミアム商品券」では、発行冊数を3,000冊から6,000冊に拡大します。申し込みは、6月で、商品券の使用期間は、7月中旬から翌年1月末日までといたします。

    大阪府制度融資のうち、コロナ関連資金を活用する場合に10万円を給付する「貝塚市中小企業臨時給付金」については、引き続き申請を受付いたします。

    その他、新型コロナウイルス感染症の影響により、支援が必要な場合は、各担当課に相談窓口を設置しておりますので、ご相談願います。

    最後になりますが、市民の皆さん、並びに事業者の皆さんには、日常生活や経済活動を行う上で、マスクの着用や手洗いの励行、3密を避けるなど、「新しい生活様式」を定着させ、感染拡大の防止に向けた行動を粘り強く続けていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

   

    令和2年5月22日

          

          貝塚市新型コロナウイルス対策本部長

                             貝塚市長  藤 原   龍 男

 

この記事に関するお問い合わせ先

健康子ども部 健康推進課

電話:072-433-7000
ファックス:072-433-7005
〒597-0072
大阪府貝塚市畠中1丁目18番8号 保健・福祉合同庁舎1階

メールフォームによるお問い合わせ