現在の位置

絵本『「はやぶさ」から「はやぶさ2」へ』ができました

 貝塚市立善兵衛ランドでは、熊取町在住の山本恭子さんと山本拓さんが作成された絵本『「はやぶさ」から「はやぶさ2」へ』を、著者に了解を得て増刷しました。善兵衛ランドに来て頂ければ、読むことができます。

 また、貝塚市内の公立幼稚園、小学校、中学校、図書館、公民館(中央、山手、浜手)、自然遊学館、ハート交流館でも読むことができます。

 
絵本表紙

 現在、小惑星探査機、はやぶさ2は小惑星リュウグウに到着し、サンプルリターンのためリュウグウの調査中です。そして10月ごろ、、最初の着陸を試み、来年春にはサンプルを採取し、2020年末に地球に帰還する予定です。

 山本恭子さんは熊取町出身、子どもの頃、善兵衛ランドに通い、当時の館長から話を聞き、小惑星に関心を持つようになりました。2007年から東大大学院理学系研究科で地球惑星科学を専攻。大学院生として2年間、宇宙航空研究開発機構(JAXA)で、はやぶさの軌道修正や後継機の開発、小惑星の調査に携わりました。

 はやぶさ2が到着したリュウグウの事前観測を行い、(自転周期、自転軸の向き、大きさ、形状、組成など)その観測結果をもとに、はやぶさ2の計画は立てられました。

 

 
絵本のページ

 絵本の中には小惑星探査の持つ意味、はやぶさの成果、そしてはやぶさ2の計画について易しく描かれています。山本恭子さんが世界各地の天文台に行き、リュウグウを観測したときの様子もリアルに描かれています。

 絵本を読めば、子どもたちが夢を膨らませ、宇宙のことに関心を持つことと思います。

 

 

なお、貝塚市立善兵衛ランドでは、11月に「太陽系と小惑星展」を実施予定です。期間内に山本恭子さんの講演会、および子ども向けの読み聞かせ会を予定しています。

詳しくは、下記の「太陽系と小惑星展」をクリックしてご覧ください。

 

Googlemap  地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問合わせ先

教育部 善兵衛ランド

電話:072-447-2020
ファックス:072-447-0149
〒597-0105
大阪府貝塚市三ツ松216 

更新日:2018年8月30日

ページの先頭へもどる