中北町太鼓台

中北町太鼓台

宮入り神社 感田神社
制作年 幕末~明治初年頃
大工 不明
彫師 高松彦四郎
彫り物 枡合正面「佐久間玄蕃秀吉本陣乱入」、右面「真田幸村大坂入城」、左面「本能寺の変」、後面「関白秀吉朝鮮使説謁見」、土呂幕の正面「加藤清正虎退治」等です。

特徴

大北町と共に泉州地方最古の太鼓台です。
製作年代については資料が無く明らかでありませんが、幕末から明治の初年頃と考えられています。
大工棟梁は不明ですが、彫物師は、幕末から明治初年に活躍した高松彦四郎です。
マトイは金糸刺繍の旗で大阪府下唯一と自慢できるものです。
昭和59年に岸和田市土生町の大下工務店で解体修理が行われています。

 

太鼓格納庫マップ

お問い合わせ

貝塚市役所
 
電話:072-423-2151(代表)
ファックス:072-433-7511(代表)
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号