近木町太鼓台

近木町太鼓台

宮入り神社 感田神社
制作年 大正9年
大工 田端辰次郎
彫師 麻田博、近藤泰山、近藤晃
彫り物 枡合の四面が「神功皇后」、「ヤマタのおろち退治」、「神武天皇大和平定」、「天の岩戸」、土呂幕と勾欄は「太閤記」、緑葛は「忠臣蔵」等が刻されています。

特徴

大正9年に岸和田市の田端辰次郎が大工棟梁となって新調され、このときの墨引の図といわれる物が残されています。
彫物師の麻田博は、生没年が明らかでなく、大正から昭和にかけて活躍した彫物師と推定されているようです。
昭和57年の大修理に続き、平成18年に植山工務店において25年ぶりの大修理をおこない、土呂幕彫物・黒檀柱・金物・布団張りなどほとんどを新調し交換されています。

 

太鼓格納庫マップ

お問い合わせ

貝塚市役所
 
電話:072-423-2151(代表)
ファックス:072-433-7511(代表)
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号