堀之町太鼓台

堀之町太鼓台

宮入り神社 感田神社
制作年 大正12年
大工 成瀬楠松、松之助
彫師 上間庄平、吉岡義峰
彫り物 枡合が太閤記から「本能寺の変」、「日吉丸と小六の出合」等、土呂幕は源平合戦記「那須与一扇の的」、「源義経の八艘飛」等が刻されています。

特徴

先代の太鼓台は、大正10年の祭礼で大破したことから、彫物師は貝塚市出身上間庄平師(主)・京都の吉岡義峰(助)、大工は中町の大工で大楠の屋号で呼ばれた成瀬楠松・松之助の兄弟が大工棟梁となり、大正12年に新しい太鼓台が完成しました。
制作費用には、その当時に新調された岸和田市内のだんじりと同じくらいの金額がかけられています。
正面には、神巻が吊るされており、泉州地方では例を見ないものです。平成元年に、大下工務店で解体修理が行われています。

 

太鼓格納庫マップ

お問い合わせ

貝塚市役所
 
電話:072-423-2151(代表)
ファックス:072-433-7511(代表)
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号