メニュー

平成24年3月11日(日曜日)

文字サイズ変更

現在の位置

平成24年3月11日(日曜日)

東校区合同いきいきサロンで挨拶をする市長

木島校区福祉委員会30周年記念式典で挨拶をする市長

3月11日(日曜日)は市内各所で、多くの催し物が行なわれており、朝から夕方にかけて時間の許す限り、行事を回らせてもらいました。

その中で、11時から「東校区合同小地域ネットワークグループ活動・いきいきサロン」がやすらぎ老人福祉センターで、13時からは「木島校区福祉委員会創設30周年記念式典」が名越町会館でそれぞれの校区福祉委員会の主催で開催されました。いずれの校区も「地域の絆づくり」に向けての取り組みを肌で感じさせていただきました。関係のみなさま、準備から本番当日、後片付けに至るまで本当にご苦労さまでございました。

この日は一年前の3月11日に東日本大震災が発生した日で、それぞれの挨拶のなかで、亡くなられた方々のご冥福と被災地の一日も早い復旧・復興をお祈りするとともに、「この日の記憶をいつまでも忘れることなく、思いつづけ、心に留めておくことこそが復興につながっていくと思います。」と話をさせてもらいました。市民のみなさまもどうぞ震災の記憶を心にとどめていただけたらと思います。

「三寒四温」とはよく言ったもので、まさにその言葉がぴったりの時季ですが、少しずつ暖かな春の季節に向かっていくことと思います。みなさんも体調管理には充分お気をつけください。

 

更新日:平成24年3月12日

ページの先頭へもどる