メニュー

平成23年5月20日(金曜日)

文字サイズ変更

現在の位置

平成23年5月20日(金曜日)

5月20日リニアック稼動時のテープカットの様子

最新型放射線治療装置(リニアック)

 「地域住民を守る良質な医療の提供」を理念として市立貝塚病院の充実には以前より全力で取り組んでまいりました。

このたびのリニアック(放射線治療装置)の更新により、これまで患者様にはご不便をおかけしていましたが、5月20日(金曜日)から最新型のリニアックを導入し稼働開始の運びとなりました。この稼働によりIMRT(強度変調照射治療)などの高度ながん治療の提供が可能となり、がん細胞へのピンポイントの照射により、患者さんの体に負担の少ない治療を行うことができるようになりました。

この最新型放射線治療システムは、南大阪地域では当院が先駆けて導入することとなり、がん治療の新たな一歩として、より安全で効果的な放射線治療に大きな期待を寄せているところです。

今後とも市民の安心と生命を守るため、市立貝塚病院での高度医療機器の整備や診療体制の充実など、健康・医療対策の推進に努めてまいります。

 

更新日:平成23年5月26日

ページの先頭へもどる