文字サイズ変更

現在の位置

平成29年7月15日(土曜日)・16日(日曜日)

h290716kodoroku_1.jpg

h290716kodoroku_2.jpg

715日(土曜日)、今年も泉州に夏を告げる貝塚宮・感田神社太鼓台祭りが宵宮をむかえました。
天正11年(1583年)、顕如上人が本願寺を紀州鷺森より貝塚に移されたことを祝して、貝塚の住民が三日三晩踊り明かし、感田瓦明神の氏子達も、ハシゴらしきものの上に太鼓を乗せ、竹笹を立て、担いでまわったのが太鼓台の始まりと言われています。貝塚宮と称される感田神社のお祭りでは、寛保元年(1741年)に太鼓台が担ぎ出された記録があり、泉州地域において最も古い太鼓台祭りとされています。
今年も7町から彫物や装飾を施した重さ約1.5トンの太鼓台が担ぎ出され、中町通りや貝塚駅前を中心に、勇壮に練り歩きました。
午後からは、社殿での神事に続いて境内において伝統の湯神楽神事が執り行われ、私も市民の無病息災を祈願してきました。
その後、太鼓台祭り本部席ほかを訪問し、祭礼運営委員さんをはじめ、町会役員さん、各団体のみなさんを激励いたしました。
夜は、観覧客の安全と青少年の健全な参加を守るため、見守り活動をしていただいております、防犯委員、青少年指導員、少年補導員をはじめとする関係者のみなさんを激励しました。

16日(日曜日)午後の感田神社宮入りでは、私からお祝いの挨拶をさせていただき、担ぎ手が入れかわり立ちかわりして7基の太鼓台が競い合う、「練り合い」を存分に観覧させていただきました。まさに勇壮華麗な姿は何度見てもその迫力に圧倒され、また、担ぎ手や関係者のみなさんの祭りにかける情熱が伝わってきます。
宮入り、練り合いには、本市観光大使の神野美伽さんが祭礼本部に駆けつけてくれ、熱いエールを送ってくれました。
夜は前日に続いて関係者の皆さんを激励したのち、ちょうちんに灯がともって華麗さを増した各町の太鼓台による、今年最後の練り合いを堪能させていただきました。

この素晴らしい祭りが毎年盛大に開催されるのも、祭礼運営委員会のみなさんをはじめ、たくさんの関係者のみなさんのご努力の賜物であると思います。みなさん、暑い中、本当にお疲れ様でございました。

h290716kodoroku_3.jpg

h290716kodoroku_4.jpg

h290716kodoroku_5.jpg

更新日:平成29年7月16日

ページの先頭へもどる