メニュー

生活保護について

文字サイズ変更

現在の位置

生活保護について

生活保護について 

 生活保護制度は、憲法第25条の理念に基づき、国がくらしに困っている世帯に対して最低限度の生活を保障するために必要な給付を行なうとともに、自分たちの力で生活していけるよう援助することを目的とした制度です。
 病気やケガ、その他の理由で収入が無くなり暮らしに困ったり、またはどれだけ働いても生活していくだけの生活費を得ることができない場合など、一定の状態となった場合はどなたでも平等に国が定めた最低限度の生活ができるように生活費や医療費などを援助し、一日でも早く自分たちの力で生活していけるよう手助けをします。
 生活保護を受けるには、自らが持っている資産や能力を活用し、年金や各種手当など生活保護に優先する制度を活用するなど、受ける人それぞれが自分たちの生活のためにあらゆる努力をすることが必要です。

日本国憲法 第25条
 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

生活保護法 第1条
 この法律は、日本国憲法第25条に規定する理念に基き、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とする。

詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧ください。

 

中国残留邦人について 

 中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律による支援給付についての業務を行っています。

詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧ください。

 

 

 

お問合わせ先

福祉部 生活福祉課 生活保護担当

電話:072-433-7031
ファックス:072-433-7033
〒597-0072
大阪府貝塚市畠中1丁目10番1号 福祉センター1階 

更新日:2013年6月5日

ページの先頭へもどる