現在の位置

願泉寺

古き時代の街並みが今尚ひっそりとたたずんでいる界隈へ

 

寺内町(じないまち)・願泉寺 

がんせんじ本堂の写真

往時の姿が街角に息づく

 

寺内町は、貝塚御坊・願泉寺を中心に中世末頃に形成された自治集落。願泉寺は16世紀後半に浄土真宗の本山・本願寺が置かれたこともあり、古い由緒を持つ寺院である。本堂、庫裏、鐘楼など江戸時代につくられた迦藍が今も残っている。南海本線貝塚駅に近い貝塚寺内町の一角は、土蔵や格子戸などが小路のところどころにあり、かつての街の繁栄ぶりを物語る姿も数多く残っており、貝塚の歴史を物語る。

 

 

 

電話:072-422-1302 

 

Googlemap  地図情報

大きな地図で見る

更新日:2015年3月16日

ページの先頭へもどる