文字サイズ変更

現在の位置

第77号 捕鳥部万の道標

捕鳥部万

(ととりべのよろずのどうひょう)

 この道標は捕鳥部万とその愛犬の墓所を示したもので、1871(明治4)年正月に建てられました。高さ178センチ、正面幅32センチ、側面幅30センチで、正面に「忠臣捕鳥部萬墓并犬塚是ヨリ三十丁」、左面に和歌一首、右面に「発起」人と「補助」計4人の名前、裏面に建立年月がそれぞれ刻まれています。
 道標は、紀州街道と津田川が交差する地点にかかる岸見橋南端の交差点にあり、ここは紀州街道から岸和田市の
阿間河滝(あまがたき)に通じる街道が分岐する地点です。
 捕鳥部万は飛鳥時代に物部守屋大連(もののべのもりやおおむらじ)の警固や雑役などに当たる資人(とねり)をつ
とめた人物でした。「日本書紀」用明天皇条には、587(用明2)年守屋の死後、捕鳥部万の妻の実家があった芽渟県有真香邑(ちぬのあがたありまかむら:現在の久保を含む津田川中流域一帯と推定される)に逃れ、朝廷軍を相手に大奮戦
したことが記されています。
 捕鳥部万とその愛犬の墳墓と伝えられる大山大塚古墳と義犬塚古墳(ともに天神山古墳群)は、岸和田市八田町に
現存しています。
(平成19年12月掲載)

お問合わせ先

都市政策部 広報交流課 広報広聴担当

電話:072-433-7231
ファックス:072-433-7233
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 別館2階 

更新日:2016年4月1日

ページの先頭へもどる