文字サイズ変更

現在の位置

かいづか人権セミナー(12月9日)

「ハンセン病と人権について考えてみませんか」

~国立療養所を訪ね、ハンセン病とその歴史について学びます~ 

 長島愛生園は、1930年全国初の国立療養所として建てられ、ハンセン病患者が強制隔離されました。その後、ハンセン病の特効薬が開発され治癒する病気となりましたが、隔離政策は1996年の「らい予防法」廃止まで続きました。長年の誤った国の政策は、ハンセン病や元患者に対する誤解や偏見を生みだし、いまだに解消されていません。今回の人権セミナーでは、長島愛生園を実際に訪れ、ハンセン病とその歴史について学びます。

 

日   時  12月9日(日曜日)午前9時集合・出発~午後6時30分

集合場所  ひと・ふれあいセンター(貝塚市海塚22-1)

行   先  長島愛生園(岡山県)  

定   員  20人(定員になり次第締切)

参 加 費  無料

 

申込・問合せ先 ひと・ふれあいセンター

主催 貝塚市人権協会

 

 

 
長島愛生園

Googlemap  地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問合わせ先

都市政策部 ひと・ふれあいセンター

電話:072-422-7523
ファックス:072-433-4604
〒597-0083
大阪府貝塚市海塚22-1 ひと・ふれあいセンター 

更新日:2018年11月5日

ページの先頭へもどる