文字サイズ変更

現在の位置

嘱託員採用試験について

総合生活相談員 

採用予定人数 : 1人

【業務内容】
 ひと・ふれあいセンターにおける総合生活相談業務

【受験資格】
市内在住で、昭和32年4月2日以降に生まれ、平成30年1月31日時点で生活全般に関する相談業務に3年以上従事した経験があり、変則勤務が可能な人

 

生活困窮者自立支援相談員 

採用予定人数 : 1人

【業務内容】
生活困窮者に対する自立相談支援業務

【受験資格】
昭和32年4月2日以降に生まれ、社会福祉士または精神保健福祉士の資格があり、平成30年1月31日時点で相談業務に3年以上従事した経験がある人

 

留守家庭児童会指導員 

採用予定人数 : 3人

【業務内容】
放課後児童の健全育成指導業務

【受験資格】
昭和32年4月2日以降に生まれ、市条例で定める放課後児童支援員となるための要件を満たす人
放課後児童支援員となるための要件については「留守家庭児童会指導員受験資格等について」を参照してください

 

青少年センター業務 

採用予定人数 : 1人

【業務内容】
青少年センターにおける企画運営業務

【受験資格】
昭和32年4月2日以降に生まれ、社会教育主事補以上の任用資格、教育職員の普通免許、保育士資格のいずれかを持ち、変則勤務が可能な人

 

公民館業務 

採用予定人数 : 2人

【業務内容】
公民館における事業運営業務

【受験資格】
昭和32年4月2日以降に生まれ、社会教育主事補以上の任用資格、教育職員の普通免許、保育士資格のいずれかを持ち、変則勤務が可能な人

 

地籍調査員 

採用予定人数 : 2人

【業務内容】
地籍調査に関する業務

【受験資格】
昭和32年4月2日以降に生まれ、平成30年1月31日時点で次のいずれかの要件を満たす人

1.官公庁や土地改良区の職員として不動産登記あるいは用地境界確定に関する事務に従事した経験がある人、または司法書士・土地家屋調査士もしくはその補助者としての経験があり、それらの従事・経験が通算3年以上の人

2.地籍調査の実務に3年以上従事した経験があり、国が定める地籍調査の作業工程E~Hの全行程の実務経験がある人

 

試験日等 

採用時期

平成30年4月予定

試験内容と日時及び場所

第一次試験
【試験内容】基礎能力試験
【試験日】平成30年2月24日(土曜日) 午前10時までに集合
【場所】貝塚市職員会館(市役所山側)

第二次試験
【試験内容】個人面接試験
【試験日】平成30年3月10日(土曜日)
【場所】貝塚市職員会館(市役所山側)
集合時間は第一次試験合格者のみに通知します

申し込み受付期間

平成30年2月14日(水曜日)から2月20日(火曜日)の午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日、日曜日、祝日は除く)

申し込み先(問合せ先)

〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号

貝塚市役所総務市民部人事課(本館2階)

電話:072-433-7324

提出書類

1.貝塚市嘱託員採用試験申込書(所定用紙)
2.受験票(所定用紙)
3.免許状(証)・資格証・合格証等の写し(生活困窮者自立支援相談員、留守家庭児童会指導員の一部、青少年センター業務、公民館業務、地籍調査員の一部)
(注意)取得見込み証明では受理できません
4.業務従事申立書(総合生活相談員、生活困窮者自立支援相談員、留守家庭児童会指導員の一部、地籍調査員)(所定用紙)

注意事項

ア 郵便での申込は、一切受付いたしません。
イ 異なる職種の重複申込はできません。
ウ 受験申込は、所定用紙に必要事項を記入し、なるべく本人持参のうえ、申込先に提出し、受験票の交付を受けてください。
エ 試験申込書の記載に不備がある場合は、お返しすることがありますが、このために生じる申込遅延等については、一切責任を負いませんので、受験手続には充分ご注意ください。
オ 受験に関して提出を受けた書類は、 一切お返しいたしません。

詳細は嘱託員採用試験要項をご覧ください

 
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問合わせ先

総務市民部 人事課 人事・研修担当

電話:072-433-7324
ファックス:072-433-7327
〒597-8585
大阪府貝塚市畠中1丁目17番1号 本館2階 

更新日:2018年1月31日

ページの先頭へもどる