メニュー

山手ロビーコンサート(奇数月の第3火曜日)

文字サイズ変更

現在の位置

山手ロビーコンサート(奇数月の第3火曜日)

お昼の時間にロビーでの気軽なコンサートはいかがですか。

コーヒーコーナーもあります。

申込みなしで、自由にご参加下さい。

入場無料。

奇数月の第3火曜日 12時半~(約1時間)

 

【注意】今後とも、天候不良の場合には、出演者のリハーサル時間等も考慮し、午前9時の時点で警報が発令されている場合、原則として「中止」いたします。

分かりにくいときは、公民館までお問い合わせください。

 

 

7月18日 涼やかな音色の贈り物 

7月ロビコン1

ヴァイオリンの音色が響きました 

7月ロビコン2

オペラ「ロミオとジュリエット」の歌唱 

出演:貝塚市クラシック音楽家協会

田口絵理(ソプラノ) 浦瀬安希子(ピアノ)

山本陽子(フルート) 木島美恵子(ピアノ)

今回は、ベテランおふたりの演奏と、若手おふたりの歌唱・伴奏が交互に入り、それぞれの特徴を生かした演奏会となりました。

ヴァイオリン演奏は、長年の経験を生かした味わい深い演奏で、聴き慣れている「アヴェマリア(カッチーニ作)」も、しっとりとした音色が歌唱とはまた異なり、心に沁みました。

また、歌唱では、オペラの楽曲ふたつに挑戦。「フィガロの結婚」ではケルビーノ(男性)役を、そして、「ロミオとジュリエット」ではジュリエット(女性)役と、それぞれ異なる歌い方・表現で楽しませて頂きました。

最後は、ヴァイオリンとピアノの演奏に合わせ、参加者も一緒に「椰子の実」を歌って終わりました。

 

5月16日 大好き!バロック 

5月ロビコン1

バロック時代の音楽を堪能しました 

5月ロビコン2

木のフルートとチェンバロの音色で 

出演 アンサンブルBUNS

今川知恵子(フルート)・西 規子(チェロ)・三井好子(ピアノ)

出演者のみなさんたちが大好きでグループの活動の原点だともいわれる“バロック音楽”を、いろんな作者の曲の聴き比べの趣向で披露してくれました。

最近では、結婚式場や教会などでしか聴く機会がなくなってきたバロック音楽。

比較的よく聴くコレッリの「ガボット」・パッフェルベルの「カノン」などの曲から組曲ナンバーまで、時には可愛く、また荘厳に、演奏曲がロビーに響きました。

「トラベルッソ」と呼ばれる珍しい木のフルート(古楽器)に合わせ、キーボードでチェンバロの音色を出すなどの演出では、遥か悠久の時代の雰囲気を味わうこともできました。

 

 

3月21日 低音のヒロイン・ヒーローたち~プリマドンナになりたくて~ 

3月ロビコン1

ロビーが舞台裏・楽屋の雰囲気に 

3月ロビコン2

低音の歌声が響きました 

出演:クラシック音楽家協会

    北野知子(メゾソプラノ)

    山川大樹(バスバリトン)

    浪花千裕(ピアノ)

ロビーを、“本番を明日に控えた舞台裏”に見立て、大御所プリマドンナに振り回された共演者・ピアニストが楽屋でぼやいているという設定での、オペラ仕立ての演奏会でした。

普段は主役になることの少ないメゾソプラノ・バスバリトン、そして、伴奏のピアノ。

しかし、こんな素敵な曲もあるんだということを、オペラの内容や人物紹介とともに、豊かな声量・情感あふれる演奏で披露して頂きました。

北野さん・山川さんの表情やしぐさが面白おかしく、会場のみなさんも笑いながら楽しんでおられました。

感想でも、「楽しいオペラが聞けました」「演奏に入るまえのかけ合いがおもしろかったです」「オペラの内容・ストーリーを知らないで聞くより、説明付きなのがよかった」など、大好評でした。

 

平成29年1月 新春を唄う 筝&フルート 

演奏の様子

おふたりの息のあった演奏のようすです 

吹き抜けから見た会場の様子

曲によって筝を替えての演奏でした 

出演:岡部雅浪(筝)・今川知恵子(フルート)

この冬一番の寒波が訪れて間もないこの日、参加者数が心配されましたが、45名の参加で、新年最初のロビーコンサートを楽しみました。

会場に「春の海」(宮城道雄)の曲が流れると、一気にお正月気分に!

続いての曲「烏川」(宮田耕八郎)は、17弦の筝を使って演奏。ゆったりと、所によっては激しく流れる烏川の情景が、強弱だけでなくさざ波を表した演奏法などでも感じられる大曲でした。

共演するようになって30年近く、というおふたりの息のあった演奏を、じっくり堪能したロビーコンサートでした。

【その他の演奏曲】哀歌・光と影(ともに吉崎克彦)、北風のとき(宮田耕八郎)

 

平成28年11月 実りの秋のコンサート 

11月ロビコン ソロ

秋の歌をしっとりと歌っています 

11月ロビコン ハーモニー

おふたりの素敵なハーモニーに魅了されました 

出演:貝塚市クラシック音楽家協会

児玉純子(ソプラノ)・奥村由起(ソプラノ)・南川真希(ピアノ)

 

9月が中止となったため4か月振りとなるロビーコンサート。定刻前から続々と人が集まり、50名の参加者が素敵な歌声を楽しみました。

ソロやデュオで「まっかな秋」など秋の歌を情感たっぷりに、また、「秋のメドレー」のピアノソロ演奏など工夫されたプログラムで、参加者も楽しそうに聞いていました。

ふたりで歌った「星めぐりの歌」等では、「きれいにハモられてとってもよかったです。夜空が眼をつむれば見えました。」などの感想が寄せられました。

最後は、「里の秋」の歌を出演者・参加者が一緒に歌って終わりました。

当日はJ‐COMの取材もあり、後日放映されました。

【その他の曲】かやの木山の・からたちの花・この道・赤とんぼ・ひばり・ロマンチストの豚・グランドマザー-かざみどり-・ほほえみ・さようなら・花束を君に

 

平成28年9月 「初秋の風に誘われて」  <台風のため中止> 

残暑に負けず、素敵な歌声と演奏で爽やかなひとときをお過ごしください。

    出演: 菰池 博子(ソプラノ)

        アンサンブルBUNS(今川 知恵子・西 規子・三井 好子)

    プログラム:ドレミの歌・花は咲く・少年時代、ほか

 

平成28年7月 クラリネットデュオ~夏の午後に心地よい響きを~ 

9gaturobikon1

ロビーコンサートの会場の様子 

7gaturobikon2

クラリネットの音色を楽しみました 

7gaturobikon3

三人で難曲に挑戦しました 

出演:クラシック音楽家協会

    藤原 里映(クラリネット)・浦瀬 安希子(ピアノ)

    〈客演〉 森田 美穂(クラリネット)

他の楽器と一緒に演奏されることが多いクラリネットですが、今回は、クラリネット主役のコンサートで、ピアノ伴奏の方を含め三人の若い女性による、フレッシュで力強い演奏となりました。

「クラリネットポルカ」やテレビ番組のテーマ曲など聞き馴染みのある曲、しっとりとした「愛の讃歌」、そして、終盤にはメンデルスゾーンの「演奏会用小品第1番 作品113」という難曲に三人で挑戦してくれるなど、クラリネットのいろんな音色を楽しむことができました。

シュライナーの「インマークライナー」では、クラリネットが分解されてだんだん短くなり、その都度音色や奏法も変わり、大変珍しいものを見聴きすることができました。

その他の演奏曲:故郷の人々~ケンタッキーの我が家~夢路より、ユーモレスク、365日の紙飛行機、希空~まれぞら~、涙そうそう、ヴィクトリアン・キッチン・ガーデンより「夏」、浜辺の歌

 

Googlemap  地図情報

大きな地図で見る

お問合わせ先

教育部 山手地区公民館

電話:072-446-0090
ファックス:072-446-0092
〒597-0046
大阪府貝塚市東山7-10-1 山手地区公民館  

更新日:2017年7月31日

ページの先頭へもどる