文字サイズ変更

現在の位置

しくみを学べば 未来が見える<連続講座 全4回>

―あなたの気になることは 何ですか?―

 

年金・医療・介護など、複雑でよくわからないし不安

自分や子どもたちの働く環境が厳しいけど大丈夫かな…

そんな問題について、現在の制度(しくみ)や新しい動きなどについて学びます。

不安や疑問もしくみを学べばスッキリ!!

よりよい生活・未来へと活かしましょう!

 

第1回 年金 

日時 10月19日 金曜日 午後7時~8時30分

講師 森 泰隆さん(ファイナンシャルプランナー、「まちのすぐれ者」登録者)

対象 貝塚市内在住・在勤・在学のかた

定員 25人

締切 10月16日 火曜日

申込方法 浜手地区公民館まで直接、または、電話で

電話番号 072-431-0926

       但し、平日は午後9時、土日は午後5時まで<水曜・祝日休館>

 

第1回「年金」講座の様子 

しくみシリーズ初回は「年金」

制度の概要にはじまり60代以降のライフプランに至るまで幅広い内容でしたが、講師は、パワーポイントや資料も駆使し丁寧に説明してくれました。

原則20歳~60歳まで掛け金を納め65歳から支給される現在の年金制度。少子高齢化による財源難という問題を抱えてはいるものの、人生の途中で障害を負ってしまったり亡くなった場合の、本人や家族の生活保障という面でも重要だということなど、生活と結びつけて話していただきました。また、「将来は年金もらえなくなるのではないか?」という不安や、「年金の額ってどれぐらい?年金で生活できるの?」という疑問にも応えて頂きました。

将来の年金額も気になるところですが、繰り上げ受給や繰り下げ受給などの方法と共に、その額で足るが足らないかは、本人(夫婦)が60代以降どんな生活をしたいかと併せて考えることが大事というお話に、参加者も大きくうなずいていました。

 

第2回 医療 

「保険の効かない治療って?」「オンライン診療システムって誰でも使えるの?」などの疑問にもお答えします

日時 11月16日 金曜日 午後7時~8時30分

講師 寺内 順子さん(大阪社会保障推進協議会事務局長)

対象 貝塚市在住・在勤・在学のかた

定員 25人

締切 11月13日 火曜日

申込方法 浜手地区公民館まで直接、または、電話で

電話番号 072-431-0926

       但し、平日は午後9時、土日は午後5時まで<水曜・祝日休館>

 

第2回「医療」講座の様子 

 講座は、医療・介護などさまざまな制度活用のためのハンドブックを元に進めました。

 話に入る前に、高齢者の窓口負担や様々な医療制度活用の際、適用可否の判断において必要となる“収入”と“所得”“課税所得”などの言葉の意味についてきちんと押さえておくことが必要ということで、その学習から始まりました。

 医療費について特に負担が大きいと感じるのは「入院」の際。しかし、「高額療養費制度」があり上限額が決まっているので、申請をすれば超えた額が返ってくる。高額になることが前もって分かっている場合は、事前に「限度額適用認定証」の交付を受けておけば、窓口での支払額を抑えることができる、また、税金面でも確定申告で「医療費控除」の適用を受けることができることなど、さまざまな制度についてお話しいただきました。(注意:対象とならない費用もあるので、聞いて確かめてください。)

 お話のあとは、参加者からの質問にも丁寧に答えていただき、「医療保険のしくみがおおむね理解できました。」「知らない事が多々ありましたが、先生の説明とハンドブックで少しは理解することが出来ました。」などの感想が出されていました。

 

第3回 介護 

介護保険でどこまでできるのか、老老介護・介護離職など身内だけで抱え込まない各種制度の活用法を考えます

日時 12月2日 日曜日 午後1時30分~3時

講師 堀 雄樹さん (大阪みなみ医療福祉生活協同組合「介護ネットワークひまわり」 ケアマネージャー)

対象 貝塚市在住・在勤・在学のかた

定員 25人

締切 11月29日 木曜日

申込方法 浜手地区公民館まで直接、または、電話で<当日参加もOK>

電話番号 072-431-0926

       但し、平日は午後9時、土日は午後5時まで <水曜・祝日休館>

 

第3回「介護」の講座の様子 

しくみシリーズ「介護」の様子

パワーポイントを活用し、詳しく熱く話していただきました。 

平成12年から始まった介護保険事業は、3年ごとの改定で「要支援」という段階ができたり支援内容も多種多様になってき、介護保険外での配食サービスなど民間事業も増えてきました。しかし、平成30年の改定では、「自立支援」に力点が置かれ、介護と医療の連携強化も言われるようになった…ということから、今後の介護保険がどうなっていくかについて、詳しくお話しいただきました。

 利用し始めることで、本人にとっては生活が規則正しくなり活気が出てきて気分転換になるなどの変化が生まれ、また家族にとっても、負担が軽くなり気持ちにゆとりができるなどいい変化が生まれていることから、包括支援センターやケアマネージャーと相談しながら、賢く(うまく)活用していこうと話されました。

 後半は、講師が実際に対応してこられた実例を元に、どんなサービスの利用が考えられるか、対応の難しいのはどんなところか、などみんなで一緒に考えました。

 受講者の中には、実際に介護の体験のある方やこれからという方もおられ、共感するところも多かったようでした。

 終了後のアンケートでも、「例をあげてくれて、詳しく説明してくれてよかったです。勉強になりました。」「これからの参考になりました。」などの感想が多く寄せられました。

 

第4回 労働 

労働時間や休暇・賃金などの労働条件全般と、ブラック企業・ブラックバイトからあなたを守る制度や権利について学びます

日時 平成31年1月20日 日曜日 午後1時30分~3時

講師 槙野 理啓さん(関西勤労者教育協会講師)

対象 貝塚市在住・在勤・在学のかた

定員 25人

締切  1月17日 木曜日

申込方法 浜手地区公民館まで直接、または、電話で

電話番号 072-431-0926

但し、平日は午後9時、土日は午後5時まで <水曜・祝日休館>

 
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問合わせ先

教育部 浜手地区公民館

電話:072-431-0926
ファックス:072-431-0927
〒597-0091
大阪府貝塚市二色2-7-2 浜手地区公民館 

更新日:2018年12月3日

ページの先頭へもどる