メニュー

シルバーライフ

文字サイズ変更

現在の位置

シルバーライフ

高齢期を生き生きと過ごせるように、交流会・歴史・体操・調理実習など共に学び語りながら、仲間づくりを行います。

 

  • 日時 (全24回) 5月10日~12月6日 木曜日 午前10時~正午(8月除く)

 

  • 対象 65歳以上の市民の方

 

 

 

 

7月12日 前期終了 

7月5日は悪天候で警報も出ていたので、中止としました。

今回で前期が終了します。

班ごとに集まって、「連絡網がうまく使えたか、改良点はないか、」といった話から秋に計画しているバスツアーの行先などを話し合いました。

今年は顔と名前が一致するようにと、班ごとで話をする時間をとったので、どの班も楽しそうに話し合いをしていました。

「9月まで会えないなんて寂しい」といった声もあがり、8月にお食事会を開くことが決まりました。

班長さんたちは早速連絡網を活用して、お食事会のことを伝えるそうです。

 

 

6月28日「私の介護、あなたの介護、自分の介護」 

講師は「介護者家族の会」の田中さんです。

いろいろな実体験のお話はどんどん引き込まれていきます。

3人から6人まででグループを作り、昔の介護や今の介護についてグループワークを行いました。

受講者同士もグループで話すことに慣れてきているので、とても活発に意見交換が出来ていました。

脳トレーニングではあちこちで真剣な表情や笑い声があり、あっという間の2時間でした。

 

6月21日 カントリーダンス 

浜手地区公民館「カントリークラブ」の講師を迎えて、ダンスをしました。

椅子に座った状態でストレッチや脳トレーニングをしたのち、ダンスをしました。

上半身バージョン、足バージョン、立ちバージョンと同じ音楽でいろいろなバージョンを楽しみました。

最初は「なにをするんだろう?」と表情も硬かったのですが、先生の柔らかで朗らかな声掛けで、次第にみなさん緊張もとれて、講座終了時にはスッキリしたとの声があちこちで聞かれました。

 

 

6月14日 話し合い 

今日は班ごとにグループでじっくりと話し合いをしました。

内容はバスツアー、後期講座、私の健康法についてです。

バスツアーの行先についてや、学びたい事、知りたい事、自分の健康方法についてと盛りだくさんでしたが、途中コーヒータイムで休憩もありましたが2時間があっという間でした。

班ではそろそろ顔と名前が一致してきているようで、活発に意見を出し合っていました。

 

 

6月7日 「緩和ケアについて」 

貝塚病院から緩和ケア病棟師長に来てもらいました。

「緩和ケア」のイメージや看護師の役割、手続きとさまざまな方面から話をしてもらいました。

講座後「身近な貝塚病院の取り組みがよくわかり、より安心して暮らしていけます。」という声も聞かれました。

 

 

5月31日 調理実習 

「補食」について学び、調理実習を行いました。

「大豆とサバの味噌煮缶の落とし焼き」と「甘酒ヨーグルトクリーム」を作りました。

指導者の方たちが各テーブルについてくれたので、スムーズに調理できたようです。

試食の時には、テーブルごとにおしゃべりもはずんだようです。

初めて食べる食材もあったり、テーブルごとに味についてや、調理方法などについても話をしていました。

「今日、帰ってから孫に作るわ!」という人もいました。

 

 

5月24日 古文書から見える人びとの暮らし 

講師は郷土資料室の曽我が担当しました。

貝塚の昔を学ぶと共に、郷土資料室がどんな仕事をしているのかも少しわかりましたね。

文字ひとつにしても、どのように変化していったかを見るのは楽しくもあり、難しくもあり、みんなで頭をひねりながら文字をひとつひとつ目で追いました。

歴史を学ぶことで、より貝塚に愛着のわく時間となりました。

 

5月17日 みんなで歌おう 

前半は先週からの続きで役員を決める話し合いを行いました。

後半は高橋先生をお呼びして、みんなで楽しく歌いました。

先生からあらかじめ1時間で歌える歌詞を準備してもらい、まずは軽くストレッチをしてから歌いました。

知っている歌も多く、先生から「もっと大きな声で!」という指導もあり、みなさんしっかり声をだせたようです。

気持よい時間がすごせました。

 

5月10日 講座がはじまりました 

いよいよ講座がはじまりました。

44人でスタートです。

「久しぶり」「どうしてた?」と講座室の中はとても賑やかでマイクの声も押され気味なぐらいみなさんは元気でした。

今日は講座についてや、自己紹介、班分け、歌集作りと盛りだくさんでしたが、コーヒータイムを取れたので、雑談もできたようでした。

来週は前半は交流兼ねての役員や公民館まつりについて話し合い、後半は講師のピアノで歌います。

 

 

Googlemap  地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問合わせ先

教育部 浜手地区公民館

電話:072-431-0926
ファックス:072-431-0927
〒597-0091
大阪府貝塚市二色2-7-2 浜手地区公民館 

更新日:2018年7月17日

ページの先頭へもどる