メニュー

シルバーライフ

文字サイズ変更

現在の位置

シルバーライフ

高齢期を生き生きと過ごせるよう共に学び語りながら、仲間づくりを行います。

 

11月16日 グランドゴルフ体験 

講座のようす
講座のようす

講座のようす
講座のようす

みんなでグランドゴルフを楽しみました。

自分の道具を持っている人から、見るのも触るのも初めてという人も入り混じってプレイを楽しみました。

よく知っている人を中心に設営や運営をしました。

初めての人は借りてきた道具を持ってボールを打つ練習からしました。

2ゲームしたところで時間となり、冷たい風は吹いていましたが天気が良かったので公園でお弁当を食べました。

 

 

11月9日 落語を楽しむ 

講座のようす
落語のようす

落語のようす

 いつもの講座は1階の講座室を使用しますが、今回は落語を楽しむために2階の和室で行いました。

 落語の前には大阪河崎リハビリテーション大学から今岡先生が1月から開催する講座についての説明に来てくれました。

 その後邪乱亭地車さんに古典落語をしてもらいました。

 落語に入る前に、落語で使用している言葉についての説明をしてもらっていたので話がよくわかりました。

 いつもと違う部屋でちょっとした寄席気分を味わえました。

 

 

11月2日 

かかし

たわわに飾られたカカシです 

かかし

かかし
かかし

今日は「ふれあいまつり」の振り返りや会計報告をしました。

またバザーで売れ残った商品を、もう一度みんなで見直して互いに購入し合いました。

ロビーのコーヒーコーナーを利用し、お茶をしながらバスツアーやグランドゴルフの集金や、打合せをしました。

講師を迎えた時間と違い、ゆっくりと受講者同士おしゃべりできる時間もいいものだなと感じました。

次回は落語を楽しむ予定です。

 

ふれあいまつり参加 

準備

バザー準備のようす 

準備

バザー準備のようす 

当日

まつり当日のようす 

当日

まつり当日のようす 

今年のふれあいまつりは悪天候で大変でした。

それでも実行委員さんたちと相談し、土曜日の準備も大幅に変更して日曜日に備えました。

けっして広いとは言えない公民館に中に、みんなが互いに譲り合い、協力しあって無事まつりを開催することができました。

いろいろ大変でしたが、思い出に残るまつりになりました。

 

10月12日 かかしつくり 

講座のようす
講座のようす

講座のようす
講座のようす

市民文化祭でたわわに飾る「かかし」を初めて作りました。

先週、班ごとになにを作るのか、なにを持ってきたらよいか、などの話し合いをしていたのでスムーズに製作できていたようです。

「そこ、持って!」「これ似合う?」

班ごとに力をあわせ、2時間以内で作り上げることができました。

最期はできあがったかかしと記念写真をとりました。

文化祭の時には是非、できあがったかかしを見に行きたいものですね。

 

10月5日 交流会 

講座のようす
講座のようす

この日は館内で交流会を行いました。

ふれあい祭やバスツアー、三館高齢者交流会に「かかし作り」と話し合う内容が沢山あって「卓球バレー」も予定していましたができませんでした。

まずはふれあい祭の委員さんからそれぞれの役割やお昼のお弁当についての説明などがありました。

三館交流会の委員さんからも説明と、みんなで参加しましょうとの声かけもあり、たくさんの人が参加してくれるようになりました。

来週の「かかり作り」では、受講者を2グループに分け、それぞれテーマを決めて作る事になりました。

さて次回はどんなかかしができるのか、楽しみです。

 

9月28日 ケアハウスふれあい二色の浜見学 

見学のようす
施設

施設

施設の見学に行っていました。

9月14日の講座でいろいろな施設があることを学習してからの施設見学だったので、受講者のみなさんはとても積極的に質問をしていました。

施設には利用者の方もたくさんいましたが、中には受講者と知り合いの方もいて、話がはずむシーンも見られました。

実際に生活している方の部屋まで見学させてもらい、施設に入ったきっかけなどの話も聞くことが出来てとても良かったです。

 

9月21日 体力測定とゲーム 

測定のようす
測定の様子

測定の様子
ゲームの様子

スポーツ振興課に「貝塚の体力測定」を依頼しました。

当日はスポーツ推進員さんたちが測定道具一式を持ってきてくれました。

受講者たちは楽しそうにおしゃべりしながらも、とても真面目に測定に取り組みました。

「さっき測定したけど、もう一度してもいい?」と再チャレンジする受講者たちも沢山いたようですが、推進委員さんたちは笑顔で「どうぞ!もう一回してみますか。」と言ってくれていました。

測定後は簡単なゲームを2種類体験しました。

アンケートには「体力の衰えを知った。」というものが多かったですが、運動の大切さも感じてもらえたようです。

年に一度、同じ種目の測定をするのはいいことだと思いました。

 

9月14日 介護全般と高齢者施設について 

講座のようす
講座のようす

講師は社会福祉士であり、介護支援専門員である阿児和也さんです。

以前、違う講座でも話をしてくれた方で、福祉現場で思うことやその仕事に携わる熱意が伝わる方でしたので「是非シルバーライフでも!」と、お願いしました。

受講者からは予め聞きたい内容を班ごとに話し合い、9の質問を出していましたので、広く介護全般の話を聞いてから、具体的な質問への答えを聞くことが出来ました。

介護についてのいろいろが知れて、今月末に予定している施設見学へも良い学習ができたとの声がありました。

 

9月7日 後期がはじまりました 

講座のようす
講座のようす

講座のようす

後期がはじまりました。

休みの人が多くて少し寂しかったですが、グループでいろいろ話をしているとあっという間に時間が過ぎていました。

「なかなか名前と顔が覚えられない」という意見も聞いていたので、自己紹介ならぬ他己紹介を取り入れました。

「知らなかったわ」「そうなんだ?」と驚きの声や笑い声があちこちで聞こえました。

この日はロビーでしているコーヒーを飲みながら、ゆっくりとグループで話が出来ました。

 

7月6日 前期終了日 

講座のようす
講座のようす

講座のようす
講座のようす

前期の終了日でした。

「学びーネット貝塚」から4名の方が市民文化祭で飾るかかし作りについて説明に来てくれました。

いろいろな思いを載せてかかしを作ろうという話にシルバーライフのみなさんも参加することにし、後期の一コマでかかしを製作することとしました。

その後、後期の講座についてグループに分かれて話をしました。

ロビーでは「浜手ミニ歌声サロン」の2回目を開催し、1回目よりはスムーズにできたようでした。

つぎは8月に追加講座を行います。

 

 

6月29日 料理実習と食事会 

講座のようす
講座のようす

できあがり料理
講座のようす

みんなで昼食を作り、食事会をしながら親睦を深めました。

写真の料理は「七夕そうめん」です。

梅しそジュレでまずは食べます。残り半分になったらゴマダレにつけて食べました。

梅しそジュレと冷凍トマトのすりおろしはさっぱりとした味で、ゴマダレは白みそや牛乳が入っているので濃厚な味でした。

講師のアイデアで減塩や低カロリー、高たんぱくと高血圧や糖尿病といった成人病が気になる人でもしっかり食べてもらえる昼食でした。

食べながら、講師の話をメモする受講者もいました。

みなさん、お腹いっぱいになりました。

 

 

6月22日 話し合い 

講座のようす
講座のようす

講座のようす

今日は「ふれあいまつり」や講座についての話し合いの時間としました。

班ごとに座り、自己紹介からしました。

自己紹介は2回目となるので「実は・・・・です」と課題を付け加えたところ、いろいろな話が飛び出したようです。

その他には後期講座の話もしました。

来週はいよいよ実行委員さんたちと講座について決めていく時間を持ちます。

 

6月15日 Happy Endingカードを体験 

講座のようす
講座のようす

講座のようす
講座のようす

講師はHappy Ending協会から谷口佳津子さんが来てくれました。

カードを使いながら自分の終活について考える。

これからの人生をよりよいものにしていくために、自分のこれまでとこれからを考える時間としました。

講師がカードの説明をたとえ話を上手にはさみながらしてくれたので、時には笑いながら、時には考え込みながらと楽しく講座は進んでいきました。

それぞれ最終的にリスクを3つに絞り、それらの原因、要因、解決方法、期限を自分で決めて、周囲の人に宣言をして講座は終了しました。

受講者たちの集中力の高さに講師も驚いていました。

 

6月8日 新聞からみる「災害と報道」 

講座のようす
講座のようす

今回は、毎日新聞社 論説委員 三野雅弘さんに講師をお願いしました。

ここ浜手地区公民館やその周辺地域では防災の意識が高く、三野さんは阪神大震災の時に神戸支局にいて、体験したことなどを交えてお話をしてくれました。

備蓄食料が3日間の用意といわれていたのが、今では7日間となっていることや、「てんでんこ」についてなど、時間がたつにつれ薄れていく防災について考える良い機会となりました。

後半では新聞の作り方、読みどころ、記者の7つ道具などのお話が盛りだくさんであっという間に終了時間となりました。

アンケートを見てみると受講者のみなさんもとても興味深く話を聞いていたようです。

 

6月1日 卓球バレーと交流会、歌声サロン 

卓球バレー

卓球バレー 

交流会

交流会 

歌声サロン

ロビーで歌声サロン 

今回はちょっとバタバタしました。

というのも2階ホールで「卓球バレー」から「交流会」、場所をロビーに移動して「浜手ミニ歌声サロン」を行ったからです。

「卓球バレー」ではみなさん同時に参加できて、受講者同士ルールを確認しあって楽しくプレイできました。

もう少し時間をとってグループ同士の対抗戦もしたかったですね。

その後、ロビーのコーヒーを注文し交流会を行いました。

主な話は後期のプログラムについての意見交換会。

グループで話をして発表してもらうと、いろんな素敵な案がでてきました。これをもとにしていよいよ実行委員会を立ち上げ、今後講座作りをしていきます。

最後はロビーで「浜手ミニ歌声サロン」を行いました。初めての試みだったので少し手間取りましたが、次回は7月6日に行う予定です。どなたでも参加できます。

 

5月25日 「貝塚を知る」 

講座のようす
講座のようす

今回の講師は郷土資料室の曽我さんにお願いしました。

郷土資料室は図書館2階にあり、図書館内外などにさまざまな写真や資料などを展示していろいろな情報を市民が身近に知る場所を作ったり、古文書講座を開いたりしています。

「貝塚を知る」ということで、貝塚の由来や昔の地形から読み取れる歴史などをかみ砕いて、わかりやすく説明してくれました。

まだまだ「貝塚」について知らない事が多くあるようで、このような機会を作り学び、より貝塚に愛着をもってもらいたいと思います。

 

5月18日 笑いヨガ 

講座のようす
講座のようす

講座のようす
講座のようす

2回目はみんなで親睦をはかる目的もあり「笑いヨガ」の体験をしました。

講師は日本笑いヨガ協会の池川先生です。

 

池川先生は優しい口調と飛び切りの笑顔で講座を進めてくれました。

最初は照れくさそうな様子で参加していた人たちも、先生の上手な指導のもとどんどん楽しそうな表情になり、声も大きくでてきます。

感想ではいろんな話がでましたが「笑いと健康」が身近に感じることのできた講座をなりました。

 

5月11日 1回目 

講座のようす
講座のようす

今年のシルバーライフは43名で開講しました。

初日は去年より継続の方、新しく受講される方の自己紹介から始まります。

班ごとに前にでて一人ずつマイクで話することは嫌な人もいたと思いますが、みなさん堂々と自己紹介をしていました。

なんとか役割分担も決まり、来週から本格的に講座が始まります。

 

 

Googlemap  地図情報

大きな地図で見る

お問合わせ先

教育部 浜手地区公民館

電話:072-431-0926
ファックス:072-431-0927
〒597-0091
大阪府貝塚市二色2-7-2 浜手地区公民館 

更新日:2017年11月17日

ページの先頭へもどる